無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【web展覧会】木村有沙 展 ゆらいでふれる、ひとつの眼を2月9日よりスタート!!

株式会社韋駄天のプレスリリース2019年 02月 10日

【web展覧会】木村有沙 展 ゆらいでふれる、ひとつの眼を2月9日よりスタート!!

日本橋のREIJINSHAGALLERY(中央区日本橋大伝馬町13-1)にて開催中の「木村有沙 展 ゆらいでふれる、ひとつの眼」の展示作品を、絵画の総合情報メディア「日本橋Art.jp」オリジナル企画「web展覧会」にて、2月9日より展示することが決定。

展覧会で展示している作品の閲覧はもちろん、購入も可能。

→ https://nihonbashiart.jp/exhibition/2019/02/post-3.html

木村有沙の絵は、感情が投影される表現主義的でありながら静かな印象を与えます。画面に浮遊するあやういかたちは丸かったりささくれていたり。それは彼女の中にある刹那の心理状態が可視化され、「こころのかたち」になっているのかもしれません。

木村有沙の作品を展覧会でもwebでも是非お楽しみください。

→ https://nihonbashiart.jp/exhibition/2019/02/post-3.html

▼木村有沙~個展によせて~

人と自分の見ているものの間には空気や時間、そして互いの意識が存在します。
しかし、その存在を自覚することは難しい。ひと目で恋に落ちるとか、目が合った瞬間に怒りの対象にされるとか、この特別な一瞬にかたちを与えることが私の制作の発露です。視点を1つに定めずに多角的な視野を持てば、これまでに見えなかったものに気づくことができる。

おもってる青は、みどりのこと。洗濯ものは眠らないと、かわかない。
鏡を見るより、日なたぼっこをしよう。
砂利の中から、たからものを見つけた時の、火花の散ったそんな瞬間。
ゆらいでふれる、ひとつの眼。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 02月 10日
タグ
アート 美術 絵画 芸術 日本橋

月別掲載数

お知らせ