無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

シーネットタイランド、オフィスを移転 増大する日系製造業・流通業の現地法人における物流効率化需要に対応するため ASEAN全域をカバーする中心拠点としての機能を強化

株式会社シーネットのプレスリリース2019年 02月 07日

クラウド型倉庫管理システム【ci.Himalayas/WMS】の多言語版システム
【ci.Himalayas/GLOBAL】の開発・販売を行うシーネットタイランド(本社:
バンコク、Managing Director:大川勉)では、本年1月に新オフィスへの移転
を完了し、2月より本格稼動を開始いたしました。

アジアのデトロイトとして自動車関連の製造業を積極的に誘致してきたタイでは、
現在国家の成長戦略プロジェクトとして【タイランド4.0】を掲げ、10の注力
産業分野*の育成に取り組んでいます。
*①次世代自動車、②スマート・エレクトロニクス ③医療・健康ツーリズム
④農業・バイオテクノロジー ⑤未来食品 ⑥ロボット産業
⑦航空・ロジスティクス ⑧バイオ燃料とバイオ化学 ⑨デジタル産業
⑩医療ハブ

これに伴い急増するタイ国内およびタイをハブとするASEAN域内での業務効率化
・物流効率化の需要に対応するため、多言語版倉庫管理システム
【ci.Himalayas/GLOBAL】の開発・販売拠点であるシーネットタイランドの態勢
を強化いたしました。

新オフィスはWeWork Asia Center内に置き、タイ国内のIT企業やスタート
アップ企業との連携も視野に、より現地オペレーションの実勢に即した
システム開発・販売・サポートを行っていく計画です。

【シーネットタイランド新オフィス】

住所: Room no.28-112, 28th floor, 173 Asia Center Building,
South Sathorn Road, Thungmahamek, Sathorn,
Bangkok 10120 Thailand

電話: +66(0)2-821-5464

シーネットタイランドのオフィスの模様(画像)はこちら
 → https://www.cross-docking.com/news/20190206/?nr

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【シーネットタイランドについて】
 2015年の設立以来、シーネットのタイ現地法人としてバンコクにオフィス
を構え、タイをはじめミャンマー、インドネシア、フィリピン、マレーシア、
ベトナムといった、東南アジア諸国におけるシステム立ち上げから運用まで
を担当しています。システム導入後のサポートも、業務提携先と協力して行い、
各導入先企業の現地スタッフによる日本品質での安定した倉庫管理システム
運用をサポートしています。
名称:  C NET (Thailand) Co., Ltd.
代表者: Managing Director 大川 勉
事業内容:ASEAN共同体向けWMS「ci.Himalayas/GLOBAL」の
     販売・導入支援・保守
 関連物流ソフトウエアの開発、ネットワーク構築支援、
     周辺設備の導入・サポート
URL:   https://www.cross-docking-thai.com/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
当件に関するお問い合わせは下記あてにお願いいたします。
株式会社シーネット 広報担当
TEL:047-422-0515 FAX:047-422-3797
e-mail:info@cross-docking.com
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ジャンル
経営情報
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 02月 07日
タグ
多言語対応 倉庫管理 WMS ASEAN 物流効率化

月別掲載数

お知らせ