無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【著者動向】NHK BS1スペシャル「日中外交秘話」に、『中国工業化の歴史』著者峰毅博士らが登場、2/10放送へ

日本僑報社のプレスリリース2019年 02月 05日

【著者動向】NHK BS1スペシャル「日中外交秘話」に、『中国工業化の歴史』著者峰毅博士らが登場、2/10放送へ

【日本僑報社発】2月10日(日)夜放送のNHK BS1のスペシャル番組「中国『改革開放』を支えたサムライたち~日中外交秘話~」(仮)に、日本僑報社から『中国工業化の歴史』を刊行した峰毅博士及び日中翻訳学院の前学院長である武吉次朗先生が登場されます。

これは、中国が1978年末に改革開放政策をスタートして40周年にあたることから、その初期に日本がどう協力したか、外交秘話をひもとく番組。日中双方の関係者へのインタビューを通して、知られざる改革開放の交流史を探ります。

武吉先生は当時、日本国際貿易促進協会に勤務され、日中経済業務を通じて、中国の改革開放に最前線で関わってこられました。番組では改革開放を支えた日本人の一人として、武吉先生がインタビューに答えられます。

また、日本僑報社刊『中国工業化の歴史―化学の視点から』の著者である峰毅(みね・たけし)氏(東京大学経済学博士)も同番組に協力されたということです。

放送日時は以下の通り。ご期待ください!

2月10日(日)NHK BS1

午後10:00~10:50(前編)、11:00~11:49(後編)

BS1スペシャル「中国「改革開放」を支えたサムライたち~日中外交秘話~」(仮)

■ 武吉次朗(たけよし・じろう)先生
1932年生まれ。1958年、中国から帰国。日本国際貿易促進協会事務局勤務。1980年、同協会常務理事。1990年、摂南大学国際言語文化学部教授。2003年退職。フェリス女学院大学オープンカレッジでの翻訳講座をへて、2008年より日中翻訳学院にて中文和訳講座「武吉塾」を主宰。
主な訳書・著書(小社刊)に『新中国に貢献した日本人たち』(中国中日関係史学会編著、武吉次朗訳、2003年)、『続・新中国に貢献した日本人たち』(同、2005年)、『日中中日翻訳必携』シリーズ(武吉次朗著、2007年~)。
※武吉先生著書特集http://jp.duan.jp/fanyi.html

■ 峰毅(みね たけし)先生
東京大学経済学部卒業。財閥系化学会社に就職し,調査企画部,肥料事業部,国際部を中心に主として海外業務に従事。この間,社命によりアメリカに留学し,ジョンズホプキンズ大学で経済学修士号取得。1994-99年は北京駐在。その後東京大学に戻り経済学博士号取得。東京大学社会科学研究所を拠点にした中国経済研究活動のほか,東京大学,防衛省,(中国)清華大学などで教育活動にも従事。

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2019年 02月 05日
タグ
日本僑報社 日中翻訳学院 武吉次朗 中国工業化

月別掲載数

お知らせ