無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

東京都葛飾区に、【EAST TOKYO CREATIVE】がテーマの古民家活用シェアハウス「リバ邸下町」がオープン

一般社団法人ふくろうの会のプレスリリース2019年 02月 15日

 埼玉県を中心に空き家活用型シェアハウス事業を展開する一般社団法人ふくろうの会(所在地:東京都中央区、代表:小関 智宏)シェアハウス事業部(事業部長:中川 峻一)は、
若手起業家と共同運営するシェアハウスの第二弾として、【EAST TOKYO CREATIVE】をテーマに、東京の東部から様々なクリエイティブを応援する古民家活用シェアハウス「リバ邸下町」を2019年3月、東京都葛飾区にオープンします。

本件に伴い、本日2019年2月15日、「リバ邸下町」の入居希望者の募集を開始しました。

1 シェアハウス・取り組み概要

 シェアハウス「リバ邸下町」は、京成本線のお花茶屋駅徒歩4分、古民家を活用したシェアハウスです。
2016年12月にシェアハウス「リバ邸墨田」(2016年4月クローズ)のリブランディングプロジェクトとしてスタートし、様々な経緯を経て、2019年3月にオープンします。
 なお、今回共同運営を行う若手起業家は、シェアハウス「リバ邸越谷」を運営する石川 直人、Railsエンジニア矢野 李空の2名です。

●クリエティブを応援する(EAST TOKYO CREATIVEについて その1)
 伝統工芸からIoTなどジャンルを問わないモノづくり、そしてアート、ハンドメイド、執筆、プログラミング、Webサービス、動画配信など、すべての制作・創作活動をリバ邸下町は応援します。
 リバ邸下町があり、日本の大手玩具メーカー創業地でもある葛飾区宝町を始め、東京都東部には様々なモノづくりの歴史があります。また、近年「EAST TOKYO(イーストトウキョウ)」とも呼ばれ、至るところでニュー・カルチャーが生まれ、そして年々それが更にアップデートされている場所でもあります。
 リバ邸下町では、様々な個性、多様性、目的を持った住人が集まり、相互に高め合い、新たなものをクリエイトしていく。これを「EAST TOKYO CREATIVE(イーストトウキョウクリエイティブ)」と称し、ネットメディアや地域、投資家との連携を視野に入れ、発信のサポートを行います。

●「モノ」を売る(EAST TOKYO CREATIVEについて その2)
 多くのモノ作りに関係してくる、販売を通じたマネタイズ。多くのクリエイターにとって、多大な労力が必要となり、課題ともなっています。
 また、東京都東部は古くからの歴史や文化があり、そこから生まれた様々な商品やプロダクトは海外からの注目も集まっています。
リバ邸下町では、住人のECサイトやウェブサイトの開設を支援する他、地域商品の販売も検討し、「モノ」を売ることで積極的に魅力を発信していきます。

●ロゴ
 それぞれの人が個性を伸ばして羽ばたけるように「羽」、開かれた場所として「月」と「太陽」、多様性や様々な目的に柔軟に対応できるように「虹の七色」など、たくさんの願いを込めて表現しています。

 6部屋の居室(個室・ドミトリー)やリビングの他に、共有の部屋があり、住民の希望に沿って作業部屋、コワーキングスペース、第2のリビングなど様々な使い方が可能です。住人の希望があれば、古民家ということを活かし、フォトスタジオや作業場として外部に貸出しを行うこともできるかもしれません。

 また、今回共同運営を行う石川直人が別途運営し、東京都東部とのアクセスが良いシェアハウス「リバ邸越谷」との合同イベントや交流も行っていく予定です。

 シェアハウス「リバ邸下町」は、光熱費ネット代込みの賃料3.5万円から入居可能です。

 企画スタートから2年3ヶ月を経てオープンするリバ邸下町は、今まで様々な形で関わってきたメンバーの思いを引き継ぎ、さらに進化・発展してまいります。

【物件の詳細や入居申し込みついて】
詳しくは下記ツイッターアカウントをご確認ください。
https://twitter.com/LivertySitamati

2 リバ邸下町周辺・東京都心や空港への交通アクセスについて

 わずか徒歩4分の最寄り駅、お花茶屋駅周辺にはスーパーマーケットやドラッグストア、ファミレスなども揃っており、少し足を伸ばせばドン・キホーテやアリオ亀有など大型店舗もあります。
 また、駅前にはこだわりの品を扱う店も多い商店街「プロムナードお花茶屋」が広がり、毎日15時から19時まで歩行者天国のため、女性でも安心して買い物できます。

 交通アクセスの利便性も高く、最寄りとなるお花茶屋駅から上野駅まで約15分、日暮里駅(約11分)でJR山手線に乗り換えれば、東京駅や渋谷駅にもアクセス可能です。また、隣駅で徒歩圏内でもある青砥駅からは、日本橋駅や新橋駅に直通です。
 
 特に、羽田空港や成田空港といった空港へのアクセスがよく、青砥駅から羽田空港は約45分、成田空港は約55分、いずれも直通電車ということもあり、住人の飛行機での移動はもちろん、地方から東京へ来る方の宿泊や休憩所といったハブ機能を持たせ、様々なイベントや交流を行うことも視野にいれています。

3 リバ邸について

 リバ邸は、「現代の駆け込み寺」をコンセプトに掲げて各地に展開しているシェアハウスです。元々は、連続起業家で活動家の家入一真さんや、コンテクストデザイナーの高木新平さん達の企画である「解放集団Liverty」からリバ邸は始まり、現在では全国20ヶ所以上、海外でもリバ邸が存在し、各々有志が独立して運営を行っています。

【一般社団法人ふくろうの会シェアハウス事業部について】
代表者:事業部長 中川 峻一
設立:2014年10月
所在地:東京都中央区銀座8-16-5 銀座中央ビル6階
事業内容:空き家活用型シェアハウス「リバ邸大宮」他シェアハウスの企画運営、若者支援
参加団体:日本シェアハウス連盟
ウェブサイト:https://www.296house.com/

【石川 直人について】
生年月日:1997年7月12日(21歳)
Twitter:https://twitter.com/calcio0712
Facebook:https://www.facebook.com/ishinao0712

【矢野 李空について】
生年月日:1998年3月17日(20歳)
Twitter:https://twitter.com/rikuu00
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100028445641462

<本件に関するお問い合わせ>
一般社団法人ふくろうの会シェアハウス事業部
担当:中川
TEL:03-3549-9856
E-mail:info@296house.com

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2019年 02月 15日
タグ
コミュニティ 不動産 東京 シェアハウス 葛飾区

月別掲載数

お知らせ