無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「AR技術を利用したボルト締結作業システムの開発」のお知らせ

YAMAGATA株式会社のプレスリリース2019年 01月 11日

製造効率の向上と品質管理の省力化を実現する、AR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発。

YAMAGATA株式会社(代表取締役社長:山形 隆司/以下、YAMAGATA)は、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、京都機械工具株式会社(代表取締役社長:宇城邦英以下、KTC)とともに、AR*1技術とIoT工具の機能を連携、応用したボルト締結作業管理システムを開発しました。本システムにより、作業者が装着するヘッドマウント型スマート端末のディスプレイ上へ締結すべきボルトの位置を表示し、表示どおりのボルトを規定の力で締めることができたかをデジタル処理によって自動的に管理することができます。今後は現場での実証と製品適用を進め、さらなる製造作業の効率化と品質の向上と省力化を図ります。

*1:AR(AugmentedReality:拡張現実):スマート端末を通して実環境にデジタル情報を重ね合せる技構

鉄道車両や重機は、機器を固定するボルトが緩むことがないよう、確実に締める必要があります。従来、日立とKTCが開発したデジタルトルクレンチシステムでは、ボルトの締結力を自動で判定すると同時に、その結果を記録していました。具体的には、作業者がタブレットPC上に表示されたボルトを選択後、タブレットPCと連動するデジタルトルクレンチによって締結作業を実施することにより、締結結果の照合と合否判定と、データベースへの登録を自動的に行っていました。この方法では、作業者がタブレットPC上で作業対象のボルトを選択、指定する必要がありました。また作業者は、タブレットPCで選択したボルトと実物のボルトが相違ないことを確認して締めつけ作業を行いますが、作業を行ったボルトと実際に締結したボルトが一致しているかの確認はシステムで自動的に判定することができず、作業ごとに人手による複数回の安全性、品質確認を行ってきました。

今回YAMAGATAを含む三者で共同開発した、へッドマウント型スマートディスプレイ(以下、HMD)を利用したAR技術を従来のデジタルトルクシステムに加えることで、締結作業全体をデジタル処理による自動合否判定が可能となりました。HMDには締結すべきボルトに対し、仮想空間上に配置されたボルトの3Dモデルが重畳※2表示されます。3Dモデルには、事前に設計データが関連付けられており、HMDは、そのデータを基に作業員の作業を誘導します。またHMDに付属したカメラは、締結作業を常時監視しており、デジタルトルクレンチとHMDの連携より、指定されたボルトが規定の力で締結されたかどうかを自動判定いたします。作業が指定通り完了した場合は、次の作業が自動的に表示され、指定通り完了しなかった場合は、再作業の指示が表示されます。これにより、作業者はボルトの締結確認作業から解放されるとともに、作業報告も簡略化され、より効率的な作業計画、運用に向けたあらたなものづくりの仕組みを構築することができるようになります。

※2:現実空間上の実体のあるオブジェクトに対して、仮想空間上に配置された3Dモデルを含む様々な情報を、デバイスを通じて重ね合わせること。

詳細は下記URLでご確認下さい
https://go.yamagata-corp.com/TS201901_pressrelease1.html

なお、本成果は2019年1月16日から18日に東京ビッグサイトで開催される「第11回オートモーティブワールド」のYAMAGATAブースにて展示する予定です。

ジャンル
その他
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 01月 11日
タグ
AR 品質管理 MR IoT 自動車メンテナンス

月別掲載数

お知らせ