無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

施術家向け技術教材「脱・対症療法 胸郭・体幹2ステップ調整法」発売開始のお知らせ

株式会社医療情報研究所のプレスリリース2019年 01月 07日

施術家向けに、オーソリティーとタイアップした技術・経営法のDVD教材の企画・製作をおこなっている株式会社 医療情報研究所(本社:奈良県大和高田市 代表取締役社長 加用宗忠)は、この度、施術家向けに、押す、揉むなどの施術を一切おこなわない「脱・対症療法 胸郭・体幹2ステップ調整法」を1月7日より発売しました。

患者さんは「慰安目的」と「痛み改善目的」のふたつに分けられる。

今、多くの院では、患者さんには慰安目的の患者さんが多く来院され、押すや揉むなどといった、マッサージ屋のようなリラックス目的の施術になってしまっている。

そのため、慰安目的の患者さんでほとんどの売上をまかなっており、売上のため、なくなくマッサージのような施術をおこなう施術家も存在している。

本来であれば、施術家として、痛み改善目的の患者さんを満足させることが、施術家としてのやりがいであるが、痛み改善目的の施術へ切り替えると、慰安目的の患者さんが減り、売上が低下してしまうのではないかと感じてしまい、なかなか施術法を変えられずにいる。

であれば、慰安目的の患者さんと、痛み改善目的の患者さん、どちらをも満足させることができる施術、押す、揉むなどといった施術とはまた違う施術を習得すれば、来院数も増え、必然的に売上は上がるのではないだろうか。

そうすれば、クチコミなどでも自然に広がっていき、集客効果も上げることが可能となる。

そこで今回、株式会社医療情報研究所は、脊柱や体幹の機能、脳や内臓などのつながりを意識した施術から、手術後や脳卒中、慢性疼痛、外傷などの多岐に渡る施術経験をとおして、今回の施術法を開発した、道海 博久 先生を講師に迎え、「脱・対症療法 胸郭・体幹2ステップ調整法」をDVDに収録しました。

施術法は誰でもできるほどシンプルで、施術すべき内容が明確である。
やるべきことは“たったのふたつ”。

1、体幹部分に振動を与え、四肢の緊張を取り、痛みを取る。

2、脳のエラーを修正する。

体幹に振動を与えた時点で、ほとんどの痛みはとれるが、それを取りきり、その効果をさらに延長することができる。

施術としておこなうべきことはとても簡単「軽い刺激を加えながら動かすだけ」である。

そうすることで、痛みを完全にとりのぞくことができ、その効果も長続きさせることが可能となる。

毎日遅くまで営業している施術院では、
なかなかセミナーや講習会に参加できないのが現状。

しかし、そういった機会がなくとも、自宅や施術時間終了後に、
手軽に学べるのがDVD教材ならではの強み。

また、院スタッフにはスタッフ教育のための一環として、
活用できるところも利点といえるだろう。

DVDを繰り返し観ることにより、
胸郭や体幹に対する理解を深めることができる教材。

【対象者】
・施術家 院長・施術スタッフ

【特典】
・60日間返金保証

【商品情報】
タイトル:脱・対症療法 胸郭・体幹2ステップ調整法
発売日 :2018年1月7日 

詳しくはこちら…

http://www.mlritz.com/link/162/2/7/179/

【当プレスリリースに関するお問合せ先】

株式会社 医療情報研究所
〒635-0061 奈良県大和高田市磯野東1-10 上田ビル1F
TEL:0745-22-6439 FAX:0745-22-6434
http://www.medical-info.jp/

ジャンル
商品・サービス
業界
美容・医療・健康
掲載日
2019年 01月 07日
タグ

月別掲載数

お知らせ