無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「町工場生き残り支援」の新規開拓営業代行サービスが登場 ~町工場集積地の自治体単位でも引き受け、異業種や新分野、海外の顧客も開拓

株式会社和田創研のプレスリリース2018年 12月 21日

経営コンサルタントの株式会社和田創研(所在地:東京都中央区、代表:和田創)は倒産・廃業が相次ぐ町工場の生き残りを支援する新規開拓営業代行サービスを2019年1月4日にリリースします。「シャッター工場街」と化しているエリアもあり、とくに町工場が集積する自治体単位での新規開拓も引き受けます。
本サービスでは、安定需要の発掘を主眼とし、最適アプローチにより顧客増加・取引拡大を実現します。発注の権限を持つキーマンクラスに限定し、有望な見込客との面談をセッティングします。アポ取りを行う際に、品質・性能・効用・納期・コスト・機密保持など、ちょっとした「優位性」があれば一層スムーズです。
当社は、利用企業の特色や「強み」を際立たせて働きかけ、利益重視の受注に全力を傾けます。また、数少ない顧客への売上集中・依存を緩和し、実質的な「下請け」からの脱却も図ります。なお、高度な専門知識や技術情報を要しない商品については、初回面談から継続面談、商談成立までを請け負う「新規開拓お任せコース」も用意しています。
本サービスでは、異業種や新分野、海外の顧客の開拓にも努めます。おもに「機械・家電」「情報・通信」「運輸・乗物」「航空・宇宙」「土木・建築」「エネルギー」「医療・福祉」「衣・食・住」「試作・金型」の9つのカテゴリーになります。
当社はその一助として引き合い獲得専用の「ソリューションサイト」制作サービスも手がけてきました。しかし、なかでも優良顧客と継続して取り引きする決め手は、ウェブでなく「営業力」になります。本サービスでは、見込客の獲得から刈り取りに至るプロセスに寄り添い、数字づくりのコンサルティングに徹します。

《開発背景・趣旨》
受注減少や採算悪化による倒産だけでなく、後継者難や人手不足による廃業が後を絶ちません。こうした事態は、零細・中小規模の製造業が多い自治体においては顕著な歳入減少として現れ、地域の衰退に直結します。町工場が従来市場・分野に留まらず、新規市場や成長分野の顧客を取り込むことが急務となります。また、将来展望を切り拓くことは町工場を支える人材確保にもつながります。
なお、当社では本サービスの利用企業の納入品がぶつからないように配慮して新規開拓営業を請け負います。

町工場生き残り支援サービス
http://sales.wadasouken.co.jp/support/smallfactory.pdf

自治体や商工会議所、商工会などが地元企業に呼びかけて開催する展示会来場者の全数フォローも合わせて行います。

展示会来場者追跡代行サービス
http://sales.wadasouken.co.jp/salesgear/show.pdf

◆会社紹介

事業は多岐にわたりますが、おもに営業の数字づくりの経営コンサルタントです。業種や規模を問わず四半世紀を超えて教育指導に当たり、収益伸長・業績拡大に貢献してきました。とりわけ「新規開拓」などの開発営業の推進による優良顧客の獲得・大口商談の成立を支援しています。それと関連し、さまざまな営業代行サービスも提供しています。

和田創研ウェブサイト
http://wadasouken.co.jp

営業代行・新規開拓代行サービス(ニューサイト)
http://sales.wadasouken.co.jp
本サイトは工事中の箇所があります。

◆開発者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。低迷企業では「再建屋」として、好調企業では「発展屋」として、業種や規模を問わず、クライアントを短期間で強く大きくしてきました。教育と指導の年間実績は百~2百回です。

和田創プロフィール
http://wadasouken.co.jp/jisseki.pdf

ジャンル
商品・サービス
業界
コンサルティング・シンクタンク
掲載日
2018年 12月 21日
タグ
町工場支援 町工場生き残り 町工場廃業 町工場倒産 脱下請け

月別掲載数

お知らせ