無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

企業のビジネス機会創出を実践支援:プロダクト開発と人材育成を同時に支援する『開発 × プロダクトオーナー育成プラン』の提供を12月20日より開始

株式会社Odd-e Japanのプレスリリース2018年 12月 20日

製品開発コンサルティングやコーチング、研修などを手掛ける株式会社Odd-e Japan(東京都中央区、代表取締役:江端 一将)は、デジタルサービスの創発に取り組んでいる企業が抱える「開発リソースの不足」と「プロダクトオーナー(※)の育成」という課題に対し、プロダクト開発と人材育成を同時に支援する『開発 × プロダクトオーナー育成プラン』を提供することで、課題解決および新規事業の活性化に寄与いたします。

(※)プロダクトオーナー(Product Owner)とは
 スクラムで規定されている役割の1つで、ビジネスオーナー的存在。ビジネスの黒字化・製品価値の最大化に責任があります。 製品をビジネスとして成功させるために、開発プロセスを定義し、顧客の声を取り纏めたり、社内外のステークホルダーとの調整などを行います。 開発優先順位を決めるのもプロダクトオーナーの大きな役割の一つです。
 
 本サービスはスクラム導入如何に関わらず、製品開発に携わる企業の中で、主要プロダクト開発に人手が割かれ新しい製品やサービス、ビジネスモデルの推進が停滞してしまう中小企業や、事業責任者の育成に課題を抱えているベンチャー企業を対象としています。

『開発 × プロダクトオーナー育成プラン』開始の背景
 デジタルトランスフォーメーション(デジタルソリューションによる変革を意味する)が活発化しているこの時代に、顧客との関係を強化していくために、Webサービスやアプリなどの新しいデジタルサービスを企画している企業が益々増えています。日本マイクロソフト株式会社が2018年2月に発表した調査によると、今後「デジタルトランスフォーメーション」は加速していき、日本経済に大きく寄与することを予測しています。

【日本マイクロソフト株式会社によるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査】
2021年までに日本のGDP(国内総生産)の約50%をデジタル製品やデジタルサービスが占めると予測
2021年までにデジタルトランスフォーメーションはGDPのCAGR(年平均成長率)を0.4%増加すると予測
デジタルトランスフォーメーションは利益率向上、コスト削減、生産性向上、生産・運用時間の短縮、顧客獲得時間の短縮を実現し、3年間で約80%向上する見通し
デジタルトランスフォーメーションの「リーディングカンパニー」は、「フォロワー」と比較して2倍の恩恵を享受
デジタルトランスフォーメーションは最終的によりスマートで安全な都市とヘルスケアの向上を実現し、国民に利益をもたらす

 しかしながら、デジタルサービスのアイデア創発に取り組んでいるものの、カタチにならず停滞してしまうケースが散見されます。その背景として、3つの課題が存在します。

課題
既存プロジェクトで忙しく、社内の開発リソースを調整できない
プロジェクトを先導するのに適した人材がいない
事業責任者候補を育てるリソースがない
 
 『開発 × プロダクトオーナー育成プラン』では、上記のような課題解決のために開発チームだけではなく、プロダクトオーナーを育成するコーチもご提供することにより、企業のビジネス機会創出と人材育成に貢献いたします。

プラン概要
(体制)
「事業社側の育成対象者」「Scrum Alliance®認定資格を持つ当社プロダクトオーナー(Certified Scrum Product Owner®:CSPO®)」「スクラム(scrum)に精通した開発チーム」でプロジェクトチームを組成。実際のプロダクト開発の過程で実践的な育成を行いながらプロジェクト進行を実現します。

(期間)
プロジェクトの企画・立案段階から当社プロダクトオーナーによるサポートを開始いたします。プロジェクトのために必要なプロダクトの内容および開発の優先順位を決め、実際の開発がスタートいたします。開発期間はプロダクトの内容により異なります

 これにより、自社の開発リソースを調整することなく、プロジェクトを素早く進めることができるのと同時に、事業責任者の育成を推進していくことができます。

代表者からのコメント
株式会社 Odd-e Japan 代表取締役 江端 一将 
私たちはこれまでに、スクラム導入如何に関わらず『お客様、その社員や組織が自律的かつ効率的に活動(開発含む)できるよう支援すること』を目的とし、開発効率化に伴う技術力向上、人材・リーダーシップ育成、効率的な協働、組織改善支援等に関してコーチングを行ってまいりました。「社内でのリソース調整と人材育成ができないために、やりたいことが実現できていない」という声を多くのお客様からお聞きし、本サービスの提供に至りました。『開発 × プロダクトオーナー育成プラン』を通じて企業の新しいビジネス機会創出における実践的支援と人材育成に貢献いたします。

株式会社Odd-e Japanについて
『お客様が想い描く “なりたい姿” へ導く』
製品開発に携わるお客様に対して、ご自身で改善・成長していただくためにコーチング、トレーニングのサービスを提供しております。主に「製品開発の効率化」「硬直した組織の柔軟化」「新製品開発の効率化やヒット率向上」などを中心に製品開発されるお客様の課題発見、改善計画、改善サイクルの仕組み化、改善業務の促進を行なっております。
「お客様の創りたい未来の為に、お客様の維持・改善・成長を促進する」という企業理念をもとに、お客様と共に、古き良きを残しながら、新しい価値や未来創りに貢献し続けてまいります。

会社概要
会社名 :株式会社 Odd-e Japan(オッドイージャパン)
代表  :代表取締役 江端 一将
本社  :〒103−0004 東京都中央区東日本橋2−4−1 アドバンテージⅠビル 3F
ホームページ :https://www.odd-e.jp/
事業内容:
製品開発企業向けのコーチング、コンサルティング
アジャイル 開発手法の研修、トレーニング
アジャイル 開発に関する書籍の輸入・出版・販売
アジャイル 開発に関するコンテンツの作成
主要取引先:
大手インターネットサービス企業、大手ソフトウェアメーカー、大手ITソリューション企業、広告事業会社、通信事業会社、ソーシャルゲーム企業、コンソールゲームメーカー、医療メーカー、金融機関、化粧品メーカー、ロボットメーカーなど

■ 『開発 × プロダクトオーナー育成プラン』サービス詳細ページ
https://bit.ly/2Sc3sHV

ジャンル
商品・サービス
業界
その他
掲載日
2018年 12月 20日
タグ

月別掲載数

お知らせ