無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

注目の19年市場の動向とコメ市場の今を専門家、取引所、生産者それぞれの知見から語るセミナーを開催。2019年1月27日(日)

日産証券株式会社のプレスリリース2018年 12月 19日

堂島は江戸享保年間には全国の年貢米が集まったことから堂島米会所が置かれ、本邦先物取引に深く所縁のある名であり地でもあります。

現在、大阪堂島商品取引所では取引システムも板寄せからザラバへ移行、商品設計の見直しも続き「秋田こまち」が加わるなど、堂島の流れを汲む取引所として、日本で唯一のコメ先物取引を運営する取引所として、更なる市場の発展と充実、活性化を目指しています。

注目の19年市場の動向とコメ市場の今を専門家、取引所、生産者それぞれの知見から語る無料のセミナーです。 特別セッションとなる第三部では実際にこの市場を活用されている茨城県猿島の生産者鈴木哲行氏をゲストに迎え、現場目線からのお話も伺います。

=========================================

■セミナー概要

13:00~13:50
「日本屈指の現役米業界通“熊野孝文”が語る2019年コメ相場の見通し」講師:熊野 孝文氏(くまの たかふみ)(米穀新聞 主筆)

14:00~14:40
「大阪堂島商品(コメ)取引所について」講師:鈴木 勝夫氏(すずき かつお)(大阪堂島商品取引所理事)

14:50~15:30
「業務用米の省力・低コスト栽培のプロが語る先物市場活用法」講師:鈴木 哲行氏(すずき てつゆき)(農業生産法人(有)シャリ― 専務取締役)

【日時】2019年1月27日(日)13:00-15:30

【会場】日産証券本社(東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11

【定員】25名様(無料のセミナーですが、要事前申込み)

【詳細・お申込み】https://seminar.nissan-sec.com/list/20190127.html

【お電話によるお問い合わせ】0120-550-780 (フリーダイヤル平日8:30-18:00 年内は28日まで、年始は4日よりの営業となります。)

●上記は現在時点の予定であり予告なく変更、中止となる場合がございます。

=========================================

ご留意点
【金融商品取引】
弊社が取り扱っている金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等により損失が生じる恐れがあります。商品や取引によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。商品等ごとの手数料等及びリスクは異なりますので、各商品等へのご投資にかかる手数料及びリスクについては、当該金融商品等の取引概要やリスク説明等、契約締結前交付書面、目論見書、お客様向け資料を十分ご確認ください。

【商品先物取引】
商品先物取引は、商品市場における相場の変動により損失が生じることのある取引です。(通常取引では、お客様が預託する証拠金の額にくらべて取引金額が大きいため、損失の額が預託する証拠金の額を上回ることがあります。)また、商品等ごとの手数料及びリスクは異なりますので、各商品等へのご投資にかかる手数料及びリスクについては、「契約締結前交付書面」、「受託契約準則」及び「委託手数料等一覧表」を熟読し、十分にご理解、ご確認のうえご検討くださいますようお願いいたします。
当社ディスクローズ資料は本社及び日本商品先物取引協会(ホームページ)で閲覧できます。
お客様相談窓口
・日産証券株式会社 CX営業管理部 TEL:0120-050-633
・日本商品先物取引協会相談センター URL:http://www.nisshokyo.or.jp

日産証券株式会社(〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11)
関東財務局長(金商)第131号 金融商品取引業者 商品先物取引業者
加入協会 日本証券業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人 金融先物取引業協会

【会社概要】
会社名:日産証券株式会社
代表者:二家英彰
所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11
URL:http://www.nissan-sec.co.jp/

【事業内容】
金融商品取引業
商品先物取引業

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:日産証券株式会社 
担当部署:コンシェルジェサービ室 (03-5623-5024)

ジャンル
その他
業界
金融
掲載日
2018年 12月 19日
タグ
日産証券 日産証券セミナー

月別掲載数

お知らせ