無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

データを持ち込むだけでAIの実用性がわかる「AI Factory」開設!

株式会社クロスコンパスのプレスリリース2018年 12月 14日

製造業のお客様を中心にAIのサービスを展開する株式会社クロスコンパス(本社:東京都中央区八丁堀、代表取締役社長:鈴木 克信、以下「当社」という)は、2018年12月17日より無料でAIの性能のデモ評価が出来る「AI Factory」を開設します。現在、AIでの解析・学習を依頼すると有償対応が一般的ですが、「AI Factory」を利用することにより無料でAIの性能を試すことができます。

【開設の背景】
(1) AIの性能を確認してみたいが、トライアルに高額な費用を払うのは厳しいという多くのお客様の声があったため
(2) 製造現場の人手不足、熟練工の技術継承問題など社会課題の解決手段の一つとしてAIを社会により広く普及する事を目指す当社として、AIを無償でトライアル出来る場所が必要だと考えたため
(3) 2019年初旬にリリース予定のAI開発ツール「Wave-IX」(※1)の使いやすさと性能を体験いただく場所を設置するため

【概要】
名称:AI Factory
開設日:2018年12月17日(月)
デモ内容:時系列データを分析・識別するAIの生成、評価(※2 裏面参照)
課題設定、簡単なデータコンサルを含む
所要時間:2時間前後
デモ使用データ:お客様持ち込み(当社のサンプルデータ使用も可)
データ形式:CSVファイル
申込方法:当社ウェブサイトにて申込み

※1:Wave -IXとは?
Wave-IXは、AIの専門知識がなくても簡単に異常検知用のAIを生成できる開発ツールです。Deep Learningを駆使することで「波形まるごと」解析が可能で、これまでの目視検査や統計的手法に比べ、異常検知の大幅な精度向上が期待できます。

【特徴】
・欠陥製品の検出など異常検知用のAIを簡単に作ることが可能
・AIの専門知識が不要(画面のガイドに沿って入力するのみ)
・人が気づかない変化や特徴をディープラーニングが検出
【期待できる効果】
・検査工程をAIが代替する事による工場の人手不足問題の解消
・品質管理レベルの向上
【効果が発揮される分野】
・製品検査:
温度、圧力などのプロセスデータがレシピ通りになるかどうかで完成品の品質が決定するが、外観検査では判断できないもの
例:タイヤ、ゴム製品、化粧品、食品など
・製造プロセス管理:
多品種生産で製品ごとのレシピ管理が必要な為、閾値管理などの従来の手法では歩留まりが得にくい製品
例:半導体、電子部品

※2:時系列データとは?
 圧力、電流・電圧、温度、流量、位置データなど、時間的に変化した情報を持つデータをいいます。これらのデータを解析することにより、現象の分析や予測が可能です。
 また、これらのデータは既に生産現場で計測され保持されていることが多く、『採ってはいるが使い道がわからない』データの有効活用がWave-IXで可能になります。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2018年 12月 14日
タグ
工場 製造業 AI 人工知能 労働力不足

月別掲載数

お知らせ