無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【焙煎豆の世界競技会inイタリア】日本のロースター2社が金賞受賞!

一般社団法人国際カフェテイスティング協会のプレスリリース2018年 12月 10日

この度、11月29日、30日にイタリア ミラノにて開催いたしました、弊会イタリア本部主催の第10回国際カフェテイスティング競技会(ICT)におきまして、全世界325サンプル数の中から日本のロースター2社が金賞「GOLD MEDAL」を受賞しましたのでお知らせいたします。
なお、株式会社寿屋珈琲飲料社は2014年、2015年に続き3度目の受賞となります。

【金賞受賞】
<フィルターもしくは類似方法部門>
株式会社寿屋珈琲飲料社(広島県)
「GESHA-CHAKA」
http://www.poppo-cafe.co.jp/

<エスプレッソマシン部門>
有限会社ばんこく珈琲(岡山県)
「ESPRESSO Bitters & rich blend」
http://www.coffee-banca.jp/

■国際カフェテイスティング競技会(ICT)とは
コーヒーの持つクオリティーを、公平に評価することができる国際カフェテイスティング協会(IIAC)認定のテイスターによるブラインドテイスティングにて、優れたコーヒーを選出し、そのクオリティーの 高いコーヒーを広く社会に伝えていく国際的なコーヒー豆の競技会です。
2年に1度イタリア本部で実施し、今年はイタリアミラノで開催いたしました。

■開催の目的
1.世界中のコーヒーのクオリティーを公正に評価をしていくこと
2.製品クオリティーを明確化していくこと
3.ロースターの活性化をサポートしていくこと

■ICT2018実施詳細
【日時】 2018年11月29日(木)~30日(金)
【開催場所】 イタリア ミラノ
【出品サンプル数】 325サンプル
【出品参加国】イタリア、スイス、スペイン、スロベニア、ロシア、韓国、中国、台湾、タイ、日本、米国、ペルー他全18カ国

■IIACとは
Instituro Intermazionale Assaggiatori Coffe(イタリア国際カフェテイスティング協会:IIAC)は1993年コーヒーの知覚・感覚的な価値を計る科学的方法を確立し、広めていくことを目的に設立された非営利協会。”made in Italy”の象徴でもある”Espresso”をターゲットにテイスティングと知覚的分析の手法を蓄積し、大学教授、技術者、著名な専門家からなる科学的委員会とともに、コーヒー分野の様々な改革を調査、推進している。カフェをいかに楽しむかの秘訣やEspressoを感覚的に評価する(客観的、価額的、数学的)力をつける為のコース、資格を実施している。
http://www.coffeetasters.jp/

ジャンル
その他
業界
食品・飲料
掲載日
2018年 12月 10日
タグ
カフェ イタリア コーヒー バリスタ 焙煎豆

月別掲載数

お知らせ