無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のリスク管理を支援

リフィニティブのプレスリリース2018年 12月 03日

世界有数の金融市場データのプロバイダーであるリフィニティブ(東京都港区、日本代表:富田秀夫)は本日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(東京都千代田区、取締役社長:荒木三郎、以下同社)のマネーロンダリング/テロ資金供与対策(AML/CFT)への取り組みを支援するソリューション「World-Check(ワールドチェック)」を提供すると発表しました。リフィニティブは金融業界とともに、金融犯罪対策や規制順守強化の動きを進める役割を担っていくよう取り組んでいます。

AML対策における国際協調を推進するための政府間会合として設立された金融活動作業部会(FATF)はOECD内に事務局が置かれており、加盟各国にAML/CFT対策推進を促しています。2019年に実施が予定されているFATF第4次対日相互審査では、とりわけ公的要人(PEPs)情報に対するスクリーニングへの強化が求められています。こうした状況を踏まえ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではKYC(本人確認)業務上、要件を満たすWorld-Checkの導入を決めました。収録データの品質の高さや、データ調査、運用のルールやプロセスの透明性が高く、明確なオペレーションの下で定期的に情報が更新されていることから信頼性があり、規制順守への取り組みが強化できることが同社での採用につながりました。

World-Check は、より的を絞ったアプローチを通じて、顧客デューデリジェンス、マネーロンダリング対策、制裁およびテロ資金供与スクリーニングなどを支援するためのツールで、ガバナンス・リスク・コンプライアンス担当部門のニーズに応じるために構築された統一プラットフォームの一部です。詳細は以下のサイトをご参照ください。
https://bit.ly/2BLCgKe

リフィニティブは、福岡と大阪、名古屋、東京、仙台の5都市でAML/CFT対策セミナーを実施するなど、日本国内においても金融業界の健全な発展を支えられるよう取り組んでいます。また、レギュレーション・アジア・アワーズ・フォー・エクセレンス2018において「アンチマネーロンダリング向け最優秀ソリューション」に選ばれるなど、幾つもの賞を獲得しています。リスク管理の分野で業界スタンダードを打ち立てていることを示すこうした実績は、リフィニティブへの市場の信頼を表すもので、世界的に事業を展開する金融機関が抱える顧客の本人確認などに関連した時間節減とコスト削減につながるものです。

リフィニティブの富田・日本代表は以下の通り述べています。「銀行や金融機関におけるAML/CFT対策への更なる強化が求められる中、リフィニティブのWorld-Checkを提供できることは極めて光栄です。弊社はリフィニティブへと生まれ変わりましたが、世界190カ国に広がるネットワークを活かし、本邦金融機関のグローバル金融規制対応をサポートしてまいります。」

                              以上

三菱UFJモルガン・スタンレー証券について:
三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、「MUFGグループの中核総合証券会社」および「モルガン・スタンレーとのジョイントベンチャー」という固有の強みを活かし、他社にないグローバルで多角的な視点と高いクオリティとを兼ね備えたソリューションを、お客さまに提供しております。

リフィニティブについて:
Refinitiv(リフィニティブ)は世界有数の金融市場データのプロバイダーで、190カ国以上で4万社を超える企業・機関にサービスを提供しています。先導的なデータと洞察、トレーディング・プラットフォーム、市場データ・インフラストラクチャー、オープン・テクノロジー・プラットフォームを通じて、世界の金融市場コミュニティを相互に接続し、発展を支えます。それによりトレーディング、投資、ウェルスマネジメント、規制およびマーケットデータ管理、企業が抱えるリスク、金融犯罪追跡などの分野において進化をもたらす先駆者としての役割を果たしていく所存です。

ジャンル
商品・サービス
業界
金融
掲載日
2018年 12月 03日
タグ
金融犯罪 リフィニティブ ワールドチェック

月別掲載数

お知らせ