無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

これは画期的。空気で膨らませるテント「エアーフレームシェード」販売開始

フラットインクのプレスリリース2018年 11月 26日

企業や自治会のイベントで活躍するテント(タープ)。
屋外で太陽光や雨を防いでくれる大変便利なものです。でも実はいくつかの弱点がありました。
①重い!設営や撤去、持ち運びには多人数が必要
②大きい!広いスペースの保管場所が必要
③危険!強風で吹き飛ぶと「空飛ぶ鉄パイプ」に!

最近では安価で軽量なワンタッチ式も普及していますが、安価・軽量ゆえに「耐久性が低い」製品も見受けられます。頻繁に使用する方ですと、毎年のように買い換えるということもあるようです…。

そこで登場!エアーフレームシェード。
このテント(タープ)は従来の製品とは大きく違います。
それは「空気で膨らませて設営する」ということ。つまり、スチールやアルミと行った金属をはじめ、樹脂なども必要最低限しか使っていません。

そのため、前述した従来のテント(タープ)と比較すると、
①軽い!空気を入れるだけなので1人でも設営や撤去、持ち運びが可能。
②省スペース!空気を抜くとボストンバッグ1個分。どこでも保管可能。
③安全!中身は空気だけだから、ぶつかっても怪我しにくい。
このような利点があります。

その他に、特筆すべき点が2つあります。
まずはそのデザイン。イベント時には目立つこと間違いありません。
それから設営と撤去の早さ。空気を入れるだけなので、電動ポンプを使えばわずか10分ほどで膨らんでしまいます。撤去も簡単で空気を抜くだけ。空気口を開放すれば、アッという間にペシャンコになってしまいます。

サイズは2種類用意されています。
3㎡(高さ2.5m) 重量:約9kg
4㎡(高さ3.0m) 重量:約14kg
価格はどちらもオープン。側面幕4枚が付属します。
オプションで名入れも可能なので、企業名や自治体名を入れることもできます。

イベントのたびに人員を動員してテントを設営しなくてはいけない、異常気象で竜巻が発生した際にテントによる怪我を防ぎたい…。
そんな悩みを抱えてる方は、このエアーフレームシェードをチェックしてみてはいかがでしょうか?

https://airframeshade.com

ジャンル
商品・サービス
業界
その他
掲載日
2018年 11月 26日
タグ
キャンプ テント タープ

月別掲載数

お知らせ