無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

災害危険度による住居地域の再考についてnoteに掲載

柴田英寿のプレスリリース2018年 11月 10日

我々は利便性を求めて低地に住んでいるが、一般に低地は災害リスクが高い。災害脅威が高まる中、住居地域を再考する必要があるのではないか。

我々はどこに住むべきか?

低災害リスク地への移住についての問題提起を見てみましょう。
https://goo.gl/6WY9pk

地震は地球のヘルニアか。ハリケーンは地球の花粉症か。米国カリフォルニア州の広範囲な山火事は地球のアトピーか。温暖化と異常気象の関係はわかっていないが、感覚的に地球の健康状態は悪化しているように感じる。
11世紀~13世紀に欧州に温暖期があり、イギリスでワイン生産が隆盛し、ヴァイキングが陸路グリーンランドに攻め入ったとされる。またその後、小氷期があったことが知られている。これについて、地球規模でどのような変動であったかは証拠不足とされている 。これは気候変動に関する国際パネルの膨大な検証報告書の記載だ。一方で、前掲報告書は、二十一世紀に入っての北大西洋における低気圧の強大化は検証されたとしている。

http://mediafrontier.com/soulharmony/contact/

ジャンル
調査・研究結果
業界
自然・環境
掲載日
2018年 11月 10日
タグ
災害 移住 台風

月別掲載数

お知らせ