無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

見た・聞いた・感じた・書いた、新鮮ニッポン!第14回作文コン入選集『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力』、12月に発売へ

日本僑報社のプレスリリース2018年 11月 08日

見た・聞いた・感じた・書いた、新鮮ニッポン!第14回作文コン入選集『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力』、12月に発売へ
  http://duan.jp/item/267.html 

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、今年の第14回「中国人の日本語作文コンクール」の受賞作品集となる『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力――見た・聞いた・感じた・書いた、新鮮ニッポン!』の刊行を決定した。12月より発売となる予定だ。

【内容紹介】今を生きる中国の若者たちの「見た・聞いた・感じた・書いた」フレッシュな心の声。第14回「中国人の日本語作文コンクール」受賞作81本を一挙収録。
日本僑報社・日中交流研究所が主催する「中国人の日本語作文コンクール」は、日本と中国の相互理解と文化交流の促進をめざして、2005年にスタート。
中国で日本語を学ぶ学生を対象として、2018年で第14回を迎えた。これまでに中国全土から延べ4万人超が応募。国内でも規模の大きい、知名度と権威性の高いコンクールへと成長を遂げている。本書には約4300もの応募作から上位入賞81作品を収録。「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」など3つのテーマで、中国の学生たちが「見た・聞いた・感じた・書いた」フレッシュな心の声を伝える!

【編者略歴】段 躍中(だん やくちゅう)日本僑報社代表、日中交流研究所所長。
1958年中国湖南省生まれ。有力紙「中国青年報」記者・編集者などを経て、1991年に来日。2000年新潟大学大学院で博士号を取得。
1996年日本僑報社を創立。以来、書籍出版をはじめ、日中交流に尽力している。
2005年から日中作文コンクールを主催。2007年8月に「星期日漢語角」(日曜中国語サロン)、2008年9月に出版翻訳のプロを養成する日中翻訳学院を創設。
1999年と2009年の2度にわたり中国国務院の招待を受け、建国50周年・60周年の国慶節慶祝行事に参列。
2008年小島康誉国際貢献賞、倉石賞を受賞。2009年日本外務大臣表彰受賞。
北京大学客員研究員、湖南大学客員教授、立教大学特任研究員、日本経済大学特任教授などを兼任。
主な著書に『現代中国人の日本留学』『日本の中国語メディア研究』など多数。

■『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力――見た・聞いた・感じた・書いた、新鮮ニッポン!』 
編者: 段躍中
出版: 日本僑報社
詳細: http://duan.jp/item/267.html

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2018年 11月 08日
タグ
コンクール 日本僑報社 日中友好 段躍中 日中交流研究所

月別掲載数

お知らせ