無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

500人が選んだ第6回P-1グランプリ(プリングランプリ)に鹿児島伊佐のプリンが選ばれました。~始めて優勝トロフィーが関門海峡を越えて、鹿児島へ~

株式会社薩摩太良院のプレスリリース2018年 11月 02日

鹿児島伊佐の「銀河坑道プリン」が見事初出場初優秀、今年のグランプリを頂きました。

 「鹿児島伊佐の恵みを世界に届け、伊佐に笑顔と元気を届けたい」と夫婦で起こした薩摩太良院(さつまたらいん)。
 山中授受のiPS研で働いていた管理栄養士&バイオ実験技術者の代表が復活させたさつまいも水あめからキャラメルを作り、プリンに閉じ込めたのが「銀河坑道プリン」です。
2017年かごしま新特産品コンクールにて鹿児島県特産品協会理事長賞を受賞しました。当社は、伊佐の自然の恵みを生かすことで、その素晴らしさをお客様にお伝えしたい、そしてふるさとに元気と笑顔を運びたいと今回参加しました。
2014年春からスタートした、自慢のプリンだけを競う“P-1グランプリ”(プリングランプリ)。今年は10月28日(日)福井県小浜市フィシャーマンズワーフ特設ブースにて、第6回P-1グランプリが開催されました。
参加企業は10社で福井県外からも5社の参加があり、プリンのグランプリ目指して、熱い戦いが繰り広げられました。
 このP-1グランプリには、地元商工会議所副会頭や料理研究家若林三弥子さんが招かれ、大会を盛り上げていただきました。
 審査は、先着入場者500人の方が10社のプリンを食べ比べ、好きなプリンを3品選び投稿する形式でグランプリが決まります。今年は、昨年グランプリ受賞の「たまごいっぱいプリン」を抑え、鹿児島伊佐の「銀河坑道プリン」が見事初出場初優秀、今年のグランプリを頂きました。
500人の舌と感性で選ばれたのは、大変名誉なことです。決め手は、当社代表が復活したさつまいも水あめ(太良院あめ)が生み出す芳醇なコク、味、香りと滑らかさでした。投票後もその魅力に黒山の人だかりでした。今年で6回目の大会で、優勝トロフィーが関門海峡を始めて超えました。
「鹿児島伊佐の恵みを世界に届け、鹿児島伊佐に笑顔と元気を届けたい」も一歩前進しました。 

(グランプリ結果)
優 勝  株式会社薩摩太良院 伊佐工房 「銀河坑道プリン」
準優勝  ガトーケイイチ 「口どけ柔らかクレームキャラメル」
第3位  とれたてたまごの店ココテラス 「たまごいっぱいプリン」
特別賞(料理研究家 若林三弥子賞)
    アメイロビストロアルル 「マイヅルプリン塩キャラメル味」

(P-1グランプリ(プリングランプリ))
 ・開催日時  2018年10月28日(日)10時~16時
 ・場  所  福井県小浜市フィッシャマンズワーフ内
 ・出場者 10社(エントリー順)
  とれたてたまごの店ココテラス「たまごいっぱいプリン」
(愛知県常滑市第5回グランプリ)、
薩摩太良院伊佐工房「銀河坑道プリン」(鹿児島県伊佐市)、
お麩屋カフェFuwarin「ふわりんちゃんの生麩プリン」
(奈良県天理市)、
和洋菓子志保重「王道なめらかプリン」
(小浜市第4回グランプリ)、
クレームプリュス「バニラプリン」
(京都府京都市第5回準グランプリ)、
Imovation「さつまいものラクレーム」(静岡県静岡市)、
カフェアルカンシェル「???????」(福井県小浜市)、
けーきやYANAGIMOTO「チョコやわからプリン仮」
(福井県鯖江市)、
ガトーケイイチ「口どけ柔らかクレームキャラメル」
(福井県福井市)、
アメイロビストロアルル「マイヅルプリン塩キャラメル味」
(京都府舞鶴市)、

【お問い合わせ先】
  株式会社薩摩太良院(さつまたらいん)
   鹿児島県伊佐市菱刈南浦3279-9
    Tel 0995-29-4601
    担当  川畑 文雄(080-1487-6145)
    E-mail f.kawabata@o-mugiya.com
                            以上

ジャンル
イベント
業界
食品・飲料
掲載日
2018年 11月 02日
タグ
鹿児島 プリングランプリ P-1グランプリ 伊佐 銀河坑道

月別掲載数

お知らせ