無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

【自治体の将来像と新しいPPPの潮流】セミナー開催のお知らせ

株式会社ブレインファームのプレスリリース2018年 10月 19日

この度、株式会社ブレインファームが国土交通省の「PPP(Public-Private-Partnership)協定パートナー」に選定されました。

PPP/PFIを推進していくにあたり、自治体や民間事業者等がPPP/PFIに関する知識やノウハウを習得する機会を増やすために、弊社ではセミナーやコンサルティングを実施していきます。

下記の日程で、セミナーを開催することが決定しましたので、ご連絡いたします。

【日程】平成30年11月29日(木) 14:00~17:00
【会場】グランキューブ大阪(大阪市北区中之島5丁目3-51)
※京阪電車中之島線 中之島駅すぐ
【対象】地方自治体職員、民間企業団体
※同業者様はご遠慮いただく場合がございます。別途お問い合わせください。
【参加費】無料
【定員】70名 ※定員に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
【申込方法】下記の案内チラシに必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申込みください。

案内チラシ
http://www.brainfirm.co.jp/news/181016_20s_osaka.pdf

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
講座内容
Ⅰ.自治体戦略2040の概要とPPPの将来像
講師:総務省 行政経営支援室 正木祐輔 様
自治体戦略2040構想研究会の概要、報告を基に2040年頃にかけて迫りくる我が国の内政上の危機、とりわけ、人口減少下の労働力供給制約や公共施設等の老朽化を乗り越え、自治体の行政サービスをどのように維持していくかということ。今後多くの公共施設が老朽化による更新時期を迎える中、国・地方が一体となってPPP/PFIの更なる更新が必要であるといった内容を具体的な事例と共にご説明いただきます。

Ⅱ.Park-PFIをはじめとするPPP/PFIの新しい潮流
講師:株式会社ブレインファーム マネジメントコンサルタント 坪井優和
平成29年の都市公園法改正により新たに設けられた「公募設置管理制度(Park-PFI)」。都市公園の再生や活性化、市民協働などのケースも増えてきており、今までの公園の保全や管理といった視点から、様々な特例を設けた地域の魅力や地域サービスの向上に主眼がおかれました。そうした事例を紹介しながら、多様な主体による公園に関する協働のまちづくりの取り組みなどを紹介します。

Ⅲ.ソーシャルインパクトボンド(SIB)の基礎知識
講師:株式会社ブレインファーム 代表取締役社長 新谷聡美
社会的課題の解決に向けた新たなPPPの枠組みとして、最近「SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)」が注目されており、まち・ひと・しごと創生基本方針2018(案)においても取り上げられています。今回の講座では、SIBの意義や仕組み、行政上のメリットといった基本的な情報に加え、国内の先行事例やそこから見えた課題などを取り上げ、今後それぞれの自治体で取り組むための視点をご紹介します。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ジャンル
イベント
業界
コンサルティング・シンクタンク
掲載日
2018年 10月 19日
タグ
セミナー 自治体 PFI PPP SIB

月別掲載数

お知らせ