無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

築地市場の海老専門仲卸「佃林」、豊洲市場に移転。

株式会社佃林のプレスリリース2018年 10月 12日

築地市場場内の水産仲卸業者「(株)佃林(つくりん)」は2018年(平成30年)10月11日、東京都中央卸売市場築地市場の閉場と豊洲市場正式開場に併せて店舗及び事務所をそれぞれ豊洲市場場内に移転しました。

「佃林」は、活クルマエビ、生甘エビ・生ボタンエビを中心に飲食店などに配送、納品する水産仲卸で、明治35年に当時の日本橋魚河岸で開業しました。2度の市場移転を経験した数少ない老舗仲卸業者のひとつとして、最新鋭設備を備えた新市場でも築地で培った目利きの業を活かし、得意先様に対し変わらぬ丁寧な応対を心掛け邁進して参ります。

新店舗及び新事務所の所在地は以下の通りです。

●新店舗住所

〒135-0061

東京都江東区豊洲6-5-1

東京都中央卸売市場豊洲市場 6街区水産仲卸棟

ニ039~042

●店舗電話番号:03-6633-5327

●店舗FAX:03-6633-5330

▲新事務所住所

〒135-0061

東京都江東区豊洲6-6-1

東京都中央卸売市場豊洲市場 7街区管理施設棟4F 404

▲事務所電話番号:03-6633-5328、5329

▲事務所FAX:03-6633-5816

(※6街区と7街区では住所が異なりますのでご注意ください)

ジャンル
経営情報
業界
流通
掲載日
2018年 10月 12日
タグ
飲食店 築地市場 移転 仲卸 豊洲市場

月別掲載数

お知らせ