無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

AIのピアノ自動作曲とシンセサイザーの生演奏の共演で現代音楽、環境音楽のリアルタイム生成を試みる実験ミニライブ体験会

EXDREAM株式会社のプレスリリース2018年 09月 21日

EXDREAM株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:斎藤喜寛)は、DTMで最新の音楽, AI自動作曲, 音楽でプログラミング, までを学べる初の音楽学校”canplay”の説明会イベントとして” AI自動作曲実験LIVE体験会”を開催いたします。

開催スケジュール
9月26日(水)19:30〜20:30

新しい音楽を創るデジタル音楽学校canplayは2018年10月期の入学説明会として日本初となる各種の音楽テクノロジー体験イベントを開催します。
9月26日(水)19:30〜20:30は
AI自動作曲実験LIVE体験会
を開催いたします。

https://canplay-music.com/ai-live-0926/

内容
AIによる自動作曲プログラムとシンセの生演奏の共演!
現代音楽・環境音楽のリアルタイム生成を行う実験ライブ体験会を行います。
果たしてどんな音楽ができあがるのか?
今後音楽制作のもっとも大きな進化を担うAIの音楽活用。
その予測不能な未来を実験的試みで体験してみる。
(演奏体験も可能です。)

料金
無料

開催教室
麹町教室
102-0084
東京都千代田区二番町5−2
麹町プラザビル
(麹町駅5番出口の上のビル 1階中華料理居酒屋)
TEL: 03-6265-6694
地下鉄 有楽町線 麹町駅 徒歩0分

講師
斎藤喜寛 Yoshihiro Saito canplay代表
1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。
大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。
2013年EXDREAM株式会社設立。
2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。
2017年canplayをローンチ。

永迫太郎 Taro Nagasako
日本にデジタルミュージックを普及させる重要な役割を担った日本初のテクノミュージック雑誌LOUDの創設者で初代編集長。
LOUD売却以降は雑誌、ウェブメディア運営、若年者の芸術教育事業や、映像メディア事業などを手がける。
社会科教員免許保有。格闘技に造詣が深く格闘雑誌Gongなどに記事寄稿。

飯田一之 Kazuyuki Iida
4歳よりエレクトーンを始める。
多数の大会で優勝。2000年代に入り、DTM、作曲を始め音楽家としてのキャリアをスタート。
ゼンリンデータコム〜リクルートを経て、現在は音楽プロデユーサーとして活躍中。

ジャンル
商品・サービス
業界
映画・音楽
掲載日
2018年 09月 21日
タグ
プログラミング DTM AI 音楽学校 自動作曲

月別掲載数

お知らせ