無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

福島・新潟両県の人と地域をつなぐ「第2回 只見線列車内プロレス」開催

只見線県境プロレス実行委員会のプレスリリース2018年 09月 17日

福島県会津若松から新潟県小出までをつなぐ只見線は、2011年に発生した新潟・福島豪雨で大きな被害を受け、只見駅~会津川口駅間は現在も代行バスが運行されています。そうした状況の中、沿線地域や福島県などの尽力により鉄道での復旧方針が決まり、2021年度の全線復旧を目指しています。
一方、プロレスラーは倒れても倒れてもあきらめずに立ち上がる姿が魅力的であり、プロレスを見る人たちに大きな勇気を与えてくれます。
大規模な災害に見舞われながらも復旧に向けあきらめず立ち上がっていく只見線と沿線地域をプロレスで応援し、只見線の魅力と鉄道の可能性を各方面へPRしていこうと昨年10月、福島・新潟両県で初めてとなる「列車内プロレス」が実施されました。

【福島・新潟では唯一の列車内プロレスを今年も開催】
今年も第2回只見線列車内プロレス」を10月6日に実施します。
今回は全線復旧を見据えて只見線による福島・新潟両県のつながりを強めるため、福島県只見町の「水の郷うまいもんまつり」に合わせての運行となります。「水の郷うまいもんまつり」の会場では、只見線応援チャリティー試合を行い、只見線応援のための募金を集めます。

今年は只見線沿線の団体等からご協賛をいただき、魚沼産コシヒカリのおにぎりとキノコ汁の振る舞いなどをします。これらの取組により、ただ珍しいイベントを行うというだけでなく、沿線の地元諸団体、お客様、プロレス団体、福島県只見町を「只見線」というキーワードでつなげていきます。

【見どころ】
・昨年に続いて2回目!!福島・新潟県境をまたぐ「プロレストレイン」運行!!
・リングサイドよりもさらに近く!!県境区間で大迫力の只見線列車内プロレス!!
・雪国ならでは!!優勝選手にはブナ材で作った「コシキ」を贈呈!!
・車内では特産品のユリ切り花を使ったユリ飾り!!ユリ切り花をお土産に!!
・魚沼産新米コシヒカリのおにぎりをふるまい!!おにぎりは玄米入りで健康づくり!!
・只見線応援キャラクター「キハちゃん」も登場!!
・参加者に只見線オリジナルグッズをプレゼント!!
・新潟・福島県の「うまいもん」を食べつくそう!!只見線で「只見水の郷うまいもんまつり」!!
・「只見線応援チャリティー試合」をリングサイド特別席で観戦!!
・行きは車内でプロレス観戦!!帰りはよしもと芸人のお笑いショー!!

ジャンル
イベント
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2018年 09月 17日
タグ
プロレス ローカル線 只見線 復旧応援 企画列車

月別掲載数

お知らせ