無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

街にもっとベンチを!新しい都市スタイルを提案するベンチ・テーブルを発売

株式会社コトブキのプレスリリース2018年 09月 13日

株式会社コトブキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:深澤幸郎、以下:コトブキ)は、リニューアルされた都市型ベンチ「リヴェルデ」、新製品「サイドテーブル」をリリースし、2018年12月中旬より出荷を開始いたします。
合わせて、都市空間に「ベンチ+アクティビティ」をご提案するベンチ・テーブル製品カタログ「URBAN SPACE FURNITURE」を発行いたします。
 
コトブキは、街が人々の居場所となる新しい都市スタイルを提案します。
海外の都市と比較して「日本の都市には座る場所が少ない」と言われる中、街にベンチを置くイベントや社会実験が行われるなど、公共空間の有効活用、活性化の動きが広がっています。空間をもっと有効に活用するためには、その場に滞留できる「座る場所」があるだけではなく、座って本を読む、お喋りする、お弁当を食べるなどの「座って〇〇する」というアクティビティが重要です。それぞれのアクティビティが結びつくことにより、座る場所は人々の「居場所」となります。コトブキは、街にもっと色々なアクティビティと居場所を生むしかけとして、より使いやすくなったベンチ「リヴェルデ」と、ベンチと組み合わせて便利な「サイドテーブル」を開発いたしました。
人々が思い思いに過ごせる「居場所」を作ることは、空間の付加価値を高めることにつながります。    

【リヴェルデ】
ロングセラー製品「ベルデ」を大幅リニューアルしました。ベンチにおいて最も重要な「座り心地」を追求し、より使い勝手とバランスの良いデザインへとバージョンアップしたベンチとなっています。都市景観に馴染むカラーの「アーバンウッド」タイプも新登場し、公園、広場、学校、交通施設など様々な空間を演出します。
また、車いすやベビーカーが近づいて利用しやすいテーブル・ベンチ一体型製品も登場しました。
【サイドテーブル】
ベンチと組み合わせて設置できる小型のサイドテーブルを開発いたしました。ドリンクやPCを置くことができ、ベンチで休むと同時に様々なアクティビティを行えるオプションとして機能します。オープンカフェスタイルの「テーブル+チェア」とは少し異なる、他人との程よい距離を保ち、「空間をシェア」するという考え方を提案します。


【製品概要】
製品数:ベンチ60種、テーブルセット16種、サイドテーブル2種
(座面カラー5色、肘3種、固定方法2種、パラソル対応など
価格帯:¥48,000〜¥385,000(税抜)

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2018年 09月 13日
タグ
バリアフリー 建築 テーブル 都市 ベンチ

月別掲載数

お知らせ