無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

西宮の「まち」を楽しむ着地型観光プログラム「まちたびにしのみや2018」を実施します

西宮観光協会のプレスリリース2018年 09月 10日

西宮観光協会は10月から来年3月末までの期間、西宮市内全域を舞台にした観光キャンペーン「まちたびにしのみや2018」を実施します。

本企画は、歴史・文化・食・自然・スポーツなど、西宮の多彩な観光資源を9つのテーマで抽出し、市内外に西宮の魅力を広く伝えるために実施しています。

今年は毎年人気の「アンリシャルパンティエのシェフが教えるフィナンシェ&マドレーヌづくり」や、酒蔵めぐりツアー、「船坂の古民家茅葺き体験」などの新たなプログラム、市内で開催される各種観光集客イベントなど、合計117種類の「まちたび」を用意しました。

本企画の開催は今年で8年目になりますが、去年のプログラム参加人数はのべ3,713名(集客イベントを除く)。
これまで別冊で紹介していた親子向けプログラムを今年度は統合し、幅広い年代へ西宮の多彩な魅力をアピールします。

公式ガイドブックは西宮市役所本庁舎・支所・サービスセンターおよび図書館(分室除く)などで9月13日より順次無料配布、全プログラムの詳細、お申込みはまちたびにしのみや公式HPからご確認ください。

公式HP https://machitabi.jp

ジャンル
キャンペーン
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2018年 09月 10日
タグ
西宮 着地型観光

月別掲載数

お知らせ