無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

9月8日「網膜と記憶のミトロジー」展開幕、9月9日「クラフトブルー・目に見えない生命のアート」トークイベント

一般財団法人セゾン現代美術館のプレスリリース2018年 08月 28日

この度、セゾン現代美術館では「網膜と記憶のミトロジー」展を、2018年9月8日(土)より開催いたします。また、9月9日(日)は、人類至上最も古い染料のひとつであり、地球上の様々な文明で使われてきたインディゴ染料と、その文化の素晴らしさを世界中の人々に伝えているアーティスト「タツ・ミキ」氏のトークショーも開催いたします。

「網膜と記憶のミトロジー」展のアーティスト3人(依田洋一朗×箱嶋泰美×畑山太志)の共通点は、「記憶」を題材に制作している点です。ニューヨークでの美しい記憶の対象が破壊されることへの慟哭や、好きな映画の一場面を独自のデペイズマンの手法で描く依田洋一朗。幼少期に滞在したアジアの記憶を、高度な色彩対比と光で美しいトロンプルイユに料理する箱嶋泰美。そして、旅行で訪ねたフィンランドで、網膜に焼き付いた光と記憶をテーマに、「過去を、今、追体験させる」抽象絵画で表現する畑山太志。キャリアもバックグラウンドも違えど、「記憶」をテーマにした3人の画家の壮大な叙事詩的作品をゆっくりとご堪能頂きたいと思います。

■「網膜と記憶のミトロジー」 
■出品作家:依田洋一朗×箱嶋泰美×畑山太志
(Yoichiro Yoda × Yasumi Hakoshima × Taishi Hatayama )
■主 催: 一般財団法人セゾン現代美術館   協力:南天子画廊
■会 期: 2018年 9月8日(土)~ 11月25日(日) 
■休館日:木曜日
■開館時間: 10:00 ~18:00、10:00 ~ 17:00(11月)
      入館は閉館30分前まで
■入 館 料: 一般 1,500円(1,400)、大高生 1,000円(900)、中小生 500円(400)※( )内は団体20名以上の料金

9月8日(土)には、3作家によるギャラリー・トークも予定しておりますので、ぜひメディアの皆様にご参加いただけましたら幸いです。

日時:9月8日(土)15:00〜16:00

□ギャラリー・トーク/依田洋一朗、箱嶋泰美、畑山太志
□参加費無料、要当日観覧券 申込不要

□ワークショップ/箱嶋泰美
「色の探険・・・・さがしてみよう、自分の色」
□対象:小学生と保護者  
□定員:10組
□参加費無料、要当日観覧券

ワークショップの申込方法:いずれかの方法でお申し込み願います。
 1.電話 0267-46-2020
 2.FA X 0267-46-2021
 3.メール(karuizawa@smma.or.jp) 下記項目をお知らせください。
1.お名前 2.人数 3.ご連絡先(電話番号/Eメールアドレス/FAX番号)

9月9日(日)は、インディゴ・アーティストであるタツ・ミキ氏の貴重なトークイベント。タツ・ミキ氏は、2001 年、瓶の中で発酵するイン ディゴ染料の宇宙的な佇まいに魅せられ、独学で 染料作りを始めました。以来、染料の中に住まう微生物たちとともに、生きたブルーを創り続けています。今回のイベントでは、デニム、ジーンズでおなじみのインディゴの歴史を紐解き、染色の世界今まさに起ころうとしている大きな変化について実際の染料や作品とともにお話いただきます。その他、「発酵」「醸造」「手作り」というキーワードでつながる「クラフトビール」とアメリカの「ポートランド」のお話もあります。今まで知らなかったインディゴの魅力が発見できる、とても楽しい内容です 。

日時:2018年9月9日 (日)  14時30分〜16時30分
□インディゴ・アーティスト Tatz Miki (タツミキ)によるレクチャー
「クラフトブルー・目に見えない生命のアート」
□対象:一般 
□場所:カフェ・ヤマアラシ
□参加費:1,000円(当日観賞券をお持ちの方は500円)要事前申込
※ポートランドのクラフトビールをご賞味いただけます。
※※アルコールが飲めない方には、エスプレッソ系ドリンクをご用意しています。

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2018年 08月 28日
タグ
アート 美術館 軽井沢 企画展 セゾン

月別掲載数

お知らせ