無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

TOM EVERHART特別新作版画発表展「トム・エバハート展in台場」

Curators Associates,LLCのプレスリリース2018年 08月 07日

トム・エバハート特別新作版画発表展を東京・台場にて開催。

トム・エバハートは、世界的人気コミック『ピーナッツ』原作者のチャールズ・M・シュルツに認められ、スヌーピーをはじめとする登場キャラクターを自由に表現することを許された唯一の画家。
1982年の広告プロジェクトをきっかけに『ピーナッツ』のキャラクターを描き始めるが、88年から89年は闘病のため活動を中断。病状回復を経て再びピーナッツ・ペインティングを描き始め、90年にはパリ・ルーブル美術館で初の個展「スヌーピー40周年記念展」を成功させた。現在もなお、新しい表現を求めて技法や色使いを変化させながら作品の制作に取り組んでいる。

本発表展の目玉である新作版画のタイトルは「SOME TOY PIANOS JUST LIKE TO DANCE」。
トム・エバハート氏が1996年に描いたピアノ作品が満を持して版画作品として発表されます。
東京では初お披露目となる特別発表会です。
貴重な初期作品の懐かしいタッチを再び会場にてご覧下さい。

また、大人気作品「Sleep Over Homie」も特別出展いたします。
ピーナッツのキャラクター達をアートとして表現しているトム・エバハートの癒しとユーモアの世界を是非会場にてお楽しみ下さい。

※グッズ販売はございません。

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2018年 08月 07日
タグ
お台場 スヌーピー ギャラリー21 GALLERY21 トムエバハート

月別掲載数

お知らせ