無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

クリエイターのための無料施設として自宅を開放。大阪市西区から クリエイティブスペースが誕生。「ROOM but HOTEL」8/3(金)OPEN

ハモニズムのプレスリリース2018年 08月 03日

アートチーム「ハモニズム」(代表 小島和人ハモニズム)は大阪市西区の自宅1室を、”つくるひと”と定義するクリエイター専用のアーティストインレジデンスとして共有する「ROOM but HOTEL」を、2組のクリエイターの試験的な宿泊を経て8月3日(金)にOPENしました。(宿泊は10月3日以降)
”つくるひと”とは・・・・・絵を描く、写真を撮る、文字を描く、場をつくる、文化をつくる。モノに限らず、何かを産み出している人達の事を指します。

■ROOM but HOTEL(ルーム バット ホテル)
ROOM but HOTELは、ホテル・民泊などの宿泊施設ではなく、”つくるひと”と定義するクリエイターにのみ、無料で空間を共有するアーティストインレジデンスです。デザインはヴィンテージテイストに、壁に直接描かれた絵などアートを取り入れた空間です。宿泊は無料ですが。部屋に作品を描く・残す。SNSに写真を投稿する。記事を書く。など”つくるひと”として何かを残していっても貰うため、利用者が増えるごとに、自然と空間に作品が増える仕組み。
無料で空間を解放する理由は、店主の小島和人自身が美術作家「ハモニズム」として活動しており、大阪外のクリエイターの支援としての利用、そして、このスペースで交流会等を開催することでコミュニティを作り、大阪市西区からクリエイティブが発展するためのスペースとなる事を期待しています。
WEBサイト(room-but-hotel.strikingly.com)

施設詳細
■客室
アート・ヴィンテージテイスト。アート作品、クリエイティブ書籍、レコードプレイヤーなど、店主がコーディネートした空間デザインとインテリアをご提供します。
・6帖洋室 / セミダブルベッド、Wi-Fi有り

■チェックイン・アウト
チェックイン / 22:00〜23:00
チェックアウト /7:50

■美術作家 小島和人ハモニズム(店主)
建築施工管理、プリントディレクション、グラフィックデザイン、空間デザイン、クリエイティブディレクション、アートパフォーマンスー、アートディレクションなど広い経験知識を活用して様々なジャンルのプロジェクトに携わる。
現在は舞台演出家、映像監督、アートプロデュースなど、プロジェクトを総括するコンセプトメイカーとしての活動を中心に行なっています。

ジャンル
商品・サービス
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2018年 08月 03日
タグ
アーティストインレジデンス 住み開き アート施設

月別掲載数

お知らせ