無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

チェジュ航空、大阪=清州・グアム路線就航

株式会社チェジュ航空のプレスリリース2018年 07月 23日

大阪=清州路線(週7便)と同時に大阪=グアム路線(週6便)を新規就航
7月21日、関西国際空港にて来賓や関係者を招いて就航セレモニー開催
大阪から韓国へは5都市目の路線、ミクロネシア・グアムへは路線初就航

チェジュ航空(代表取締役社長 LEE SEOKJOO)は7月21日から大阪=清州路線(週7便)と同時に大阪=グアム路線に週6便を新規就航致します。

これにより、チェジュ航空の大阪発韓国路線は仁川・金浦・金海・務安に続き、清州で計5路線となります。現在韓国国籍航空会社8社の中で大阪と韓国を結ぶ最多路線数であります。

大阪発韓国行の運航便数は週70便で、大阪と韓国を往復する航空会社の中で一番多い運航規模となります。

大阪=グアム路線は第三国以遠権(韓国から出発し、A国から旅客または貨物の搭乗を行い、B国へ輸送する権利)の運輸権を活用し、清州=大阪と大阪=グアム路線を繋ぎ、清州=大阪=グアム路線を運航いたします。

毎日運航する大阪=清州路線は関西国際空港から19時20分に出発するスケジュールで、大阪=グアム路線は午前10時10分大阪を出発し、グアムには14時40分(以下現地時間)に到着します。グアムからは15時40分に出発し、大阪には18時20分に到着します。

これにより、7月21日午前にチェジュ航空からカン・ソックンマーケティング総括責任、グアム政府観光局からWilliam Dennis Naul日本マーケティング会長、関西エアポート株式会社から田中淳隆副最高商業責任者(航空担当)が来賓として招かれ、就航セレモニーを開催しました。

チェジュ航空の関係者は「大阪=清州路線の就航で、日本の旅行客が大田(テジョン)と忠清地域、京畿南部地域などへ気軽に旅行できるよう利便性を提供することになった。このような韓国路線だけではなく、供給が減少している大洋州路線にも新規就航した。今後も日本旅行客の多様な旅の選択地を提供するため、持続的に努力する。」と語った。<終>

ジャンル
イベント
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2018年 07月 23日
タグ
大阪 旅行 グアム LCC チェジュ航空

月別掲載数

お知らせ