無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「空と海」小型飛行艇プロジェクトへの協賛について

有限会社オリンポスのプレスリリース2018年 07月 19日

この度、有限会社オリンポスは関西を拠点として小型飛行艇の開発に挑戦する若手エンジニア集団「ROKKO WORKS」への協賛を決定いたしました。
彼らは、琵琶湖で開催された第40回鳥人間コンテストにおいて飛距離30kmのフライトを成功させ、前年までの記録を塗り替えるなど目覚しい活躍をしており、今最も日本の航空発展に貢献しているチームの一つです。
日本は世界屈指の排他的経済水域を有しており、中でも瀬戸内海エリアにおける水上飛行機が持つ可能性はかねてより注目されてきましたが、技術的そして行政的な諸問題が障害となり、国産の小型水上飛行機は未だに生産されていません。「ROKKO WORKS」はそんな現状を打破すべく、「飛行艇開発プロジェクト」を始動させました。弊社は、そんな彼らの挑戦を応援すべく、大型飛行艇「US-2」の開発で知られる新明和工業株式会社と共に技術的、資金的な面でのサポートを行っていくことを決定いたしました。
「ROKKO WORKS」は活動の第一ステップとして、米国のキット飛行機「Mini-Max 1100R」をベースとした水上飛行機の開発及び試験飛行を予定しています。

ジャンル
経営情報
業界
素材・化学・エネルギー・運輸
掲載日
2018年 07月 19日
タグ
航空 飛行機 航空機 飛行艇 水上飛行機

月別掲載数

お知らせ