無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

アトピー・花粉症もスッキリ! アレルギーは腸から治す 書籍販売  著者 林 隆博 医療法人社団青藍会 西焼津クリニック院長

西焼津クリニック のプレスリリース2018年 07月 11日

著者 林 隆博 医療法人社団青藍会 西焼津クリニック院長
本書では20種類の乳酸菌・ビフィズス菌を紹介。
効能や、効果的な摂り方、期待できる効果などをわかりやすく紹介致します。

本サイト 
http://clinic.bz/allergy/

■ アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー。
治療には薬が使われますが、思うほどの効果が得られなかったり、
薬をのむことに抵抗を感じる人も多いようです。

実は、こうしたアレルギー疾患は、「腸」と密接につながっています。
腸内環境が悪化することで免疫力が低下し、アレルギーを引き起こしているのです。

つまり、腸内環境を整えれば自ずとアレルギーを予防することができます。

「ビフィズス菌」「乳酸菌」という言葉を耳にしたり、健康によいという話を聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、実際には何が身体にいいのか、何を選べばいいのかわからないという人も多いはずです。

本書では、20種類の乳酸菌・ビフィズス菌を紹介。
効能や、効果的な摂り方、期待できる効果などをわかりやすく紹介します。

著者について
■ 林 隆博/ハヤシ タカヒロ
医療法人社団青藍会 西焼津クリニック院長
有限会社 コンフォートライフ・コーポレーション 代表


静岡福祉大学非常勤講師
元日本アレルギー学会認定医

1960年3月生まれ。

1984年鳥取大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院小児科学教室に入局。

1985年より藤枝市立志太総合病院小児科で新生児医療に携わり、子どものアレルギー診療を開始。

1990年4月西焼津こどもクリニック院長に就任。

1998年、乳児へのビフィズス菌投与で、アレルギーが大幅に改善することを発見した。
ビフィズス菌とアシドフィルス菌を精製乾燥した投与法を確立し、
2007年には「アトピー性皮膚炎を防ぐ保健食品」として特許取得。

2010年、そのノウハウを活かした乳酸菌食品「ベストトリム」を商品化し、多くのアレルギー患者の症状改善に貢献している。

2016年4月、診療科目に心療内科と精神科を加え、病院名称を西焼津クリニックに変更。
発達障害や精神疾患と腸内細菌の関連性の研究を続けている。
既刊書籍に『心のカルテ』(メディサイエンス社)、論文「子育ての脳科学」(CRNウェブサイト)がある。

ジャンル
商品・サービス
業界
美容・医療・健康
掲載日
2018年 07月 11日
タグ
乳酸菌 医師 アトピー アレルギー 腸内環境

月別掲載数

お知らせ