無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

シリーズ「環境問題として考える子どもの遊び」 私たちはどう動く?「子どもは、外で遊ばない。」が当たり前になる、その前に 〜被災地・「地方」の現状から探る〜

一般社団法人TOKYO PLAYのプレスリリース2018年 06月 07日

 一般社団法人TOKYO PLAY(渋谷区、代表理事 嶋村 仁志)は、「すべての子どもが豊かに遊べる東京を」というミッションを掲げ、キャンペーンやイベント出展、調査研究、出版などに取り組んでいます。

 私たちは、遊びの環境は、すべての子どもたちに必要な「育ちと学びのインフラ」だと考えています。この度、この認識をより多くの方と共に考えていく機会として、シリーズ「環境問題として考える子どもの遊び」と題した学習会を立ち上げました。その第一弾を開催いたします。

 第一弾は、宮城県気仙沼市内において地域社会の変化などを把握するために三世代アンケート(約6,000人が回答)を行った一般社団法人プレーワーカーズの事務局長・神林俊一氏および、千葉大学大学院園芸学研究科 木下研究室の寺田光成氏をゲストに迎え、被災地・地方における子どもを取り巻く現状と課題を整理するとともに、後半ではグループワークを通して、参加者全員が当事者としてアイデアを出し合う時間を設けます。

 単なる被災地での調査というだけでなく、人口減少・少子社会・学校統廃合という、東京都内をはじめ、全国の都市部も含めた共通の子どもの成育環境の変化による課題を参加者と主に共有したいと考えています。
以上、是非、ご取材並びに広報のご協力をいただきますよう、ご案内申し上げます。

【開催概要】

[日時]2018年6月22日(金)19:00 〜 21:00
[場所]国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟内
 (〒151-0052東京都渋谷区神園町3-1、詳細は申込受付後に連絡します)
[内容]
 《前半》宮城県気仙沼市全域で実施された三世代アンケート調査速報
 《後半》アイデア出しグループワーク
[登壇者]
 《話題提供者》一般社団法人プレーワーカーズ 理事・事務局長 神林 俊一
        千葉大学大学院園芸学研究科 博士課程 木下勇研究室 寺田 光成
 《コーディネーター》一般社団法人TOKYO PLAY 代表理事 嶋村 仁志
[参加費(資料代)]1,000円
[申込方法]
 必要事項(名前、所属、お住いの都道府県、年齢、メールアドレス)を記載の上、下記のアドレスまで送りください。宛先:staff@tokyoplay.jp
[主催]一般社団法人TOKYO PLAY
[共催]一般社団法人プレーワーカーズ、千葉大学園芸学部木下勇研究室

【一般社団法人TOKYO PLAY】(渋谷区、代表理事 嶋村 仁志、http://www.tokyoplay.jp/
「すべての子どもが豊かに遊べる東京を」というミッションを掲げ、それぞれの立場の人たちだからこそできる「ワン・アクション」づくりを目指して、キャンペーンやイベント出展、調査研究、出版など、様々なプロジェクトに取り組んでいる。

【一般社団法人プレーワーカーズ】(宮城県名取市、代表理事 須永 力、http://playworkers.org/
”遊び”を通して見えてくる子どもの持ち味や特性をみつめ、子どもにとってより良い環境を目指し、保護者、専門家、行政などに子どもの想いを伝える「代弁者」として、遊び場づくり、子どもの環境調査、講演研修などを通じて子どもと社会を繋ぐ活動をしている。

【三世代アンケートについて】「気仙沼、三世代 子どもの遊び大調査」
宮城県気仙沼市内において地域社会や子どもの遊びの変化を把握するために行った三世代アンケート。小学校を通して児童や保護者、祖父母それぞれ2,538人を配布。有効回答率は小学生72%、保護者72%、祖父母54%で、合計6,000名余から回答を得た。「放課後に遊ぶ友達の人数」、「よく遊ぶ遊び」、「遊ぶ場所」など3世代ほぼ共通の約20項目に関して調査を行った。

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2018年 06月 07日
タグ
子ども 環境問題 遊び アンケート調査 三世代

月別掲載数

お知らせ