無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

日本初の盗難補償付き自転車IoTサービス「ペダルノート」が「BeaconBank®」を提供する株式会社unerryと事業連携開始。 盗難車発見技術が格段に向上します!

株式会社ペダルノートのプレスリリース2018年 05月 29日

ペダル社は昨年より自転車盗難をなくすために日本初の盗難補償付き自転車IoTサービスの「ペダルノート」を展開し、補償力の強化を行ってきました。しかしながら当初から買取販売店、ネットオークションで売られる前に盗難自転車の位置を把握することもサービスの目的として掲げていたため、自社インフラの拡大だけでなく、一気に捜索インフラを拡大することでサービスの一般化を加速度的に進めていく必要がありました。
またunerry社には日本最大級のビーコンネットワークの運営という圧倒的な実績と技術力を活かして、プラットフォームの社会的利用の促進を図りたいという思いがありました。
そこでこの度、自転車IoTカテゴリーで実績をあげるペダル社と、高度なビーコン検出技術を持つunerry社が事業連携し、社会問題となっている盗難自転車の発見技術向上の取り組みを行う事業連携に至りました。また、将来的には自転車以外の移動体の分野における社会問題に対しても、連携して取り組んでいくことを視野に入れています。

【事業連携により可能になること】
ユーザーは自転車が盗難された際にアプリから捜索依頼を出すだけで、SEEKERアプリだけでなく、unerry社が提供するビーコンプラットフォーム上においても盗難車を追跡することができるようになります。捜索インフラが拡大することにより自転車が盗難されない環境が創出することが可能となります。

【ペダルノートサービスのご利用について】

日本初自転車IoTサービス「ペダルノート」を利用するには、下記の手順が必要になります。

①自転車販売店にてペダルノートサービス推奨電波発信装置ビーコン(2,000円税別)を購入
②ウェブサイト(https://owner.pedalnote.jp)にて、利用者登録とプラン選択を完了する。
③画面に従い、アプリをダウンロード。
④ビーコンから絶縁シートを抜き、通電。
⑤アプリのフローに従ってビーコン登録を完了し、自転車に設置してサービススタート。
※最後に盗難自転車捜索支援アプリ「Seeker」をダウンロードし、盗難自転車を探す環境を作る輪に加わり、全ての準備が完了。

【事業連携による今後の展開】
unerry社とペダル社は移動体を中心とするIoT+補償の連携を強め、地域型シェアサイクル、オートバイ、自動車、ペットなどの分野にて販路の拡大と電波発信端末を利用した類似サービスとの連携の拡大を検討していきます。またツール・ド・東北へのシステム提供の経験をもとに自転車レースやイベント等を通じて自転車を通じた「絆」の可視化を引き続き行っていきます。

———————————————–
株式会社unerryについて
2015年設立。オフライン行動データプラットフォーム「BeaconBank®」の運営、ビッグデータ解析・戦略コンサルティング、ロイヤルティプログラムの企画運営などを行なっている。リアルな行動をセンシングすることで、人々が意識していない癖や習慣、関心などを科学的に見出し、そこにアプローチできるIoTプラットフォームを展開することで、生活者にとって必要なことが自動的に補助され、興味のあることに次々と出会える環境知能都市の実現に邁進している。

■株式会社unerry
代表取締役社長 内山 英俊
事業内容  オフライン行動データプラットフォーム「Beacon Bank」の運営、ビッグデータ解析・
戦略コンサルティング、ロイヤルティー・プログラムの企画運営など
所在地 東京都千代田区 有楽町1-12-1 新有楽町ビル11F
https://www.unerry.co.jp/
———————————————–
■サービスについて
PedalNoteサービス : https://owner.pedalnote.jp
※店舗にてビーコンを購入する必要あり
▼株式会社ペダルノートについて
株式会社ペダルノート
代表取締役社長 小原 芳章
事業内容  IoTソリューションの提供
所在地   東京都豊島区南池袋4-20-9 サンロードビル2FA
HP: https://pedalnote.jp/
———————————————–

ジャンル
商品・サービス
業界
自動車・バイク
掲載日
2018年 05月 29日
タグ
盗難補償 盗難自転車 盗難自転車追跡 unerry ビーコンバンク

月別掲載数

お知らせ