無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「21日間だけ、家族になってみませんか?」家族の在り方をテーマに、 the38th session『ピース』を東京・下北沢にて上演

演劇製作ユニットSPIRAL MOONのプレスリリース2018年 05月 23日

日本演出家協会会員・秋葉 舞滝子が主宰する演劇製作ユニットSPIRAL MOONは、設立21周年を迎える2018年公演第一弾として、the38th session『ピース』(脚本:かわしま まさき)を、2018年6月13日から17日までの5日間、東京・下北沢「劇」小劇場にて上演いたします。今とは違うもう一つの世界の中で、ひとつの船に乗せられた縁もゆかりもない男女が演じる「疑似家族」。その人間模様を通して、現代の家族の在り方を、静かに愚直に問いかけます。また初の試みとなる、公演ごと限定の劇中物語(日替ゲスト出演)も本作品のみどころとなっています。

■公演詳細
SPIRAL MOON the38th session「ピース」脚本:かわしま まさき 演出:秋葉 舞滝子

公演日時
6月13日(水)14:00
6月14日(木)14:00、19:30
6月15日(金)19:30
6月16日(土)14:00、18:00
6月17日(日)14:00

劇場
下北沢「劇」小劇場(東京都世田谷区北沢2-6-6 TEL.03-3466-0020)

公演の詳細は「ピース 公演サイト」へ http://pie.spiralmoon.jp/

■演劇製作ユニットSPIRAL MOONとは
SPIRAL MOONは、日本演出家協会会員・秋葉舞滝子が、1997年に設立した演劇製作ユニットです。
演出は秋葉舞滝子が行い、公演ごとにベストマッチの役者をキャスティングしています。
1998年11月にプロデュース公演を開始、コンスタントに年1回の公演を積み重ねることで製作体制を固めていき、下北沢進出となる2004年からは満を持して年複数回の公演を行うようになりました。
丁寧な芝居作りが評価され、2004年11月に開催された第11回BeSeTo演劇祭(東京開催)参加団体に選出、2005年3月、10回目の公演となった下北沢「劇」小劇場での『あのひとだけには』で観客動員が1000人を突破し、勢いに乗って2006年4、5月に行われる第6回愛知県芸術劇場演劇フェスティバルの参加団体に選出され、一般審査員の投票の結果、グランプリを受賞しました。

ジャンル
その他
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2018年 05月 23日
タグ
演劇 家族 下北沢 日本演出家協会

月別掲載数

お知らせ