無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

マネージドセキュリティサービスのオプションに「サンドボックス」を追加

バリオセキュア株式会社のプレスリリース2018年 05月 15日

~ マルウェアを社内に侵入させることなく仮想環境での診断と遮断に対応 ~

バリオセキュア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 稲見 吉彦)は、マネージドセキュリティサービスのオプション機能にマルウェア対策を強化する「サンドボックス」を追加しサービス提供を開始することを発表いたします。

 サンドボックスオプションは、標的型攻撃などのマルウェア感染に起因するリスクを軽減します。マネージドセキュリティサービス専用UTM機器「VSR」を通過するメール添付ファイルを仮想環境で実行し、判定スコアに基づいた添付ファイルの送信や削除を実施します。

 サンドボックス環境はクラウド上で提供されるため、VSRのパフォーマンスへの影響を最小限にすると同時に、自社でサンドボックスのチューニングや運用を行う負担を大幅に軽減することが可能です。また、サンドボックスエンジンは、海外セキュリティ調査機関による最高レベルの判定結果として評価されたエンジンを採用し、精度の高いマルウェア対策環境をマネージドサービスならではの軽負担かつ低コストでご利用いただくことができます。

《バリオセキュア株式会社について》
バリオセキュアは、多様なセキュリティ機能を実装したセキュリティアプライアンス機器「VSR-VarioSecure Router」の製造ならびに VSR を使用したマネージドセキュリティサービスの提供と、UTM 機器「VCR-Vario Communicate Router」の販売を行っています。米国に本社を持つコンピュータセキュリティ監査の最大手である ICSA の Firewall 認定を取得している国内メーカーとして、また、多様なセキュリティソリューションを提供するソリューションプロバイダとして、お客様のニーズにいち早く対応し、常に先進のセキュリティ/ネットワークソリューションをご提供する企業を目指します。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア株式会社 
住所 :東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル5F
TEL :03-5577-2090(平日9:00~18:00)
E-mail :sales-ff@variosecure.net
Webサイト :http://www.variosecure.net/

以 上

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2018年 05月 15日
タグ
マルウェア 標的型攻撃 サンドボックス メール添付ファイル

月別掲載数

お知らせ