無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

住みながら見学会のお知らせ in 安城

株式会社ルーヴェントのプレスリリース2018年 05月 12日

そうだ、そろそろ家を考えよう!

この度、お施主様のご厚意により、住みながらの見学会を開催させて頂くことになりました。
今回は、平成28年に完成し、2年住まわれているOB宅を見学会のご案内です。

「夏蜜柑の家」は、お施主様が生まれた時に植えた蜜柑の木をそのまま残して、部屋のどこからでも蜜柑の木を眺めることができる家です。

蜜柑の木は工事中も移設せず、家族と一緒に家の完成を見守り、
今もひっそりと家族を見守ってくれています。

住みながらの見学会は19日(土)限りの限定になります。

「そうだ、そろそろ家を考えよう!」その気持ちをお申込へ
「夏蜜柑の家」にはお施主様の想い・アイデアと私たちの技術が盛り込まれていますよ。

なお、見学は予約制とさせて頂いておりますので、事前にメール又は電話にてご予約をお願いいたします。
(ご希望の日時をお知らせください。)
後ほど、詳しい案内図を送付させていただきます。

日時:平成30年5月19(土)10:00-17:00
場所:愛知県安城市浜富町

設計者:H建築スタジオ 蛭川 昭彦
名古屋市中村区名駅5丁目4-14  花車ビル北館3F
E-Mail : ha.hirukawa@gmail.com
http:www.ha-studio.jp

施工者:足立住建 足立 峯幸
岐阜県恵那市三郷町佐々良木1210
E-Mail:info@adachi-jyuuken.co.jp
http://www.adachi-jyuuken.co.jp

夏蜜柑の家(スキップフロアで繋がるテラスのある家)概要
子育て世代の家族にぴったりな楽しい住まい。敷地周辺の既存の街並みを意識しつつ、現代のライフスタイルに合ったこのモダンな家は豊かな外部空間と繋がるスキップフロアの内部空間が魅力的。

地域に馴染む和モダンな佇まい
築浅の現代住宅が建ち並ぶ敷地の周辺には、いくつかの昔ながらの和風住宅もまだ残っており、そんな和の雰囲気を継承するような住まいを計画しました。
とは言っても純和風スタイルではなく、現代のライフスタイルに合うモダンなデザインに和のテイストを取り入れた住宅です。
目隠しとして採用された縦格子が和風の雰囲気を醸し出し、シンプルな形態の建物にアクセントをつけています。

子どもの遊び場を兼ねた駐車スペース
建物は前面道路からセットバックさせ、駐車スペースと物置を確保。
子どもの遊び場としても活用できる昔の路地裏をイメージした屋外空間になっています。
駐車場とアプローチの上に大きく張り出した屋根の軒天は木の素材で仕上げ、温かみのある印象を街並みに添えています。
最近では道路で遊ぶ子どもの姿が減ってしまいましたが、家の前でこんな風に遊べる空間があるといいですよね。
道行く人も思わずにっこりしてしまいそうな微笑ましい光景です。

ハイサイドライトは是非取り入れたい優れもの
想像以上に明るい玄関はハイサイドライトのおかげ。
暗くなりがちな玄関に周囲の視線を遮りながら採光を確保するだけでなく、防犯にもなるので是非お勧めしたいアイデアです。
ウッドフロアと同系色のナチュラルな下駄箱を壁付けで設え、すっきりとした印象の玄関です。

すっきりとしたレイアウトのダイニングキッチン
1階にはひと続きになったダイニングとキッチン、そしてスキップフロアで繋がるリビングを中2階に配置しています。
アイランド型のキッチンと一直線上にダイニングエリアを設けることで、機能的な動線が生まれる空間にまとめています。
様々な色合いの木の素材をふんだんに使った和のテイストを感じさせるデザインを取り入れ、温かみを感じさせるインテリアに仕上げています。

多目的に使える床下スペース
リビングの下は床下収納兼多目的に使えるスペースに。
子どもたちにとっても絶好の遊び場ですよね。
ちょうどキッチンの向かい側にあるので、作業をしながらでも子どもたちの様子が見られてとっても便利。

温もりを感じさせる木を使ったインテリア
ダイニングから数段上がるとリビングエリアです。
ダイニングキッチンと繋がりながらも明確な領域を意識した豊かな空間構成が目を引きます。
リビングには2階に続くオープンな階段も設置し、立体的な広がりと開放感を感じさせる空間になっています。
造作の家具にもさりげなく和モダンなデザインを取り入れて、心地良い団らんの場を演出。

吹抜けとテラスが醸し出す開放感
リビングは吹き抜けになっており、2層にわたる大きな木製の建具枠がお洒落な開口からたくさんの光が注ぎ込み、気持ちの良い内部空間を作り出しています。
吹抜けを介して2階のギャラリーと繋がり、どこにいてもお互いに気配を感じられるような温かな雰囲気の住まいです。
リビングはウッドデッキに出られ、1m低いダイニングの延長にあるテラスと外で繋がっています。

思いっきり遊べるウッドデッキのある庭
高低差が生み出す変化に富んだのある内外空間では様々な空間体験ができ、楽しいですよね。

大きく開かれた開口からが緑豊かな風景も眺められます。
子どもたちも前面道路に面した屋外空間やウッドデッキの心地良い庭空間などを含め、様々な場所で遊べるので、のびのびと育ちそうです。

ジャンル
イベント
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2018年 05月 12日
タグ
リフォーム 建築家 新築 オープンハウス 二世帯住宅

月別掲載数

お知らせ