無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

NTTドコモの協力により、国際バカロレア認定校OISでタブレット端末を一新し、iPadを一斉導入

株式会社オキナワインターナショナルスクールのプレスリリース2018年 04月 12日

~ ICTを活用し国際人材輩出を目的として、幼稚部(年長)よりタブレットを活用 ~

2011年に沖縄県内初の英語をベースにした英日バイリンガルの国際バカロレア(IB)認定を受けているオキナワインターナショナルスクール(所在地:沖縄県那覇市楚辺、校長:知念正人、以下:OIS、URL: http://www.ois-edu.com/)は、5年前より一人1台の端末利用を教育に取り組んできましたが、この度株式会社NTTドコモ九州支社(所在地:福岡県福岡市、 支社長:髙木一裕、以下:ドコモ)の協力を受け、「IB探究学習のさらなる充実」と「学校授業におけるタブレット活用」を目的とし(幼稚部年長から小学6年生全児童)教育分野におけるICTの活用の本格運用を開始いたします。
今回、150台の一斉導入により、タブレット端末における情報一元管理やセキュリティの強化など、持ち帰り学習により、顕在化する可能性の高いインターネットセキュリティ向上および学習必要なソフトウェアおよびアプリケーションなど最新のものにアップデートすることが可能になります。
同時にDayz株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:玉城朝、以下:Dayz、URL:https://www.dayz.jp/)が提供する広告ブロックサービスのアプリケーション「あどしらず(https://adblock.jp/)」を導入することで、使用する児童が通信環境に依存することなく安心なインターネット環境を整備し、安心して使用することが可能となります。

なお、OISは、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム*(以下、本プログラム)」に参加し、2020年に先立ち一早く5Gを用いたサービス構築や検証を行い、高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続といった5Gの特徴を活かして、サービスの品質向上や新たなサービスの創出に活用してまいります。

* ドコモ5Gオープンパートナープログラム:NTTドコモがパートナーとなる企業・団体に対し、第5世代移動通信方式(以下、5G)の技術や仕様に関する情報の提供や、パートナー間の意見交換を行う5Gパートナーワークショップの場を提供するものです。本プログラムに参加するパートナーは、ドコモが常設する5G技術検証環境において5Gの実験基地局装置や、実験移動局に接続する映像伝送機器などを無償で利用することが可能になります。

ジャンル
その他
業界
教育・資格・人材
掲載日
2018年 04月 12日
タグ
国際バカロレア NTTドコモ OIS オキナワインターナショナルスクール あどしらず

月別掲載数

お知らせ