無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

和紙張りの芸術、「近江一閑張」 ミラノ・デザイン・ウィークへ出展。

近江一閑張 蛯谷工芸のプレスリリース2018年 04月 10日

湖南市で一閑張を製作している 「近江一閑張 蛯谷工芸」
ミラノサローネ併催、ミラノ・デザイン・ウィークへ出展。

2018年4月17日~4月22日、イタリアのミラノにて開催される、Milan Design week 2018(ミラノ・デザイン・ウィーク/https://www.salonemilano.it/en/)内のイベントAsia Design Pavilion(アジアデザインパビリオン/http://www.asiadesignpavilion.com/)へ滋賀県の伝統工芸「近江一閑張 蛯谷工芸」が出展させていただきます。

現在、三代目蛯谷亮太(26)が湖南市地域おこし協力隊 藤田剛史と共同し、海外進出を目指して企画を進行中。
その第一弾として、この度イタリアの見本市へ出展いたします。

蛯谷工芸は滋賀県湖南市で一閑張を制作している伝統工芸家で、日本で唯一の紙ひもを素材とする一閑張です。
紙ひもで形を編み上げ、手漉きの和紙を何度も張り重ね、柿渋を塗り仕上げるので、とても軽くて丈夫なのが特徴です。

写真1「浅籠(小)」16,200円(税込)
写真2「角盆(大)」 4,860円(税込)
   「角盆(中)」 3,780円(税込)
   「角盆(小)」 2,700円(税込)
蛯谷工芸公式オンラインショップURL:ebitani.shop

〈Asia Design Pavilion概要〉
毎年4月に開催される世界最大の国際家具見本市の「ミラノ・サローネ」。
6日の会期で、34万人の来場者(2017年実績)があり、うち2/3が外国人です。
同時期にミラノの街をあげて行われる、街中のギャラリーや美術館、文化施設、倉庫やショップで展開されるデザインの祭典を「ミラノ・デザイン・ウィーク」と言います、世界中からバイヤー、ジャーナリスト、デザイナーをはじめ、デザイン関連のプロフェッショナルが集まり、デザイントレンドの発信源となっています。

期間中で100万人規模の人々が集まる、世界最大のデザインの祭典です。世界のデザイナーや企業にとってミラノデザインウィークは最大の登竜門です。販売目的ではなく、企業のイメージアップやテストマーケティングを目的に参加する企業も多数あります。

ミラノ・デザイン・ウィーク中、Mega Wattという倉庫跡を改装した壮大な空間で「Asia Design Pavilion」を開催し、アジア諸国を対象とした出展者を集い、ビジネスだけに限らず幅広い文化活動が行われる予定です。

会期中特に人出の多いトルトーナゾーンから歩いて15分ほどの所に位置します。
「Asia Design Pavilion」は、展示スペース、文化活動スペース、ストリートフードスペース等多岐にわたり、ギフトグッズを販売するブックショップも併設されます。

この名誉ある祭典に、この度私ども蛯谷工芸も出展する運びとなりました。

ジャンル
未分類
業界
その他
掲載日
2018年 04月 10日
タグ
イタリア 伝統工芸 滋賀県 ミラノサローネ 一閑張

月別掲載数

お知らせ