無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「Waves Lab」が新しい参加企業を発表

Waves Platformのプレスリリース2018年 04月 04日

~ 3社が新たに「Waves Lab」に参加を表明 ~

ブロックチェーン・ベースの主要プラットフォームであるWaves Platformは、弊社のインキュベーターであるWaves Labに、Paytomat、Tradingene、Digiliraの3つの新しい企業が加わったことを発表しました。

■1つ目の参加企業は、Paytomatです。
ここは、ブロックチェーン・ベースの支払い処理システム会社です。商業事業者、消費者、仮想通貨の中核チームをマッチングし、日常的な支払いの新たな方法として仮想通貨を現実に活用するのに役立つよう構築されています。プレセールは、4月2日に開始されました。
Paytomat URL:https://tokensale.paytomat.com/
Paytomatチームは、Waves Labから以下の支援を受けます。
●資金の分配: 
同インキュベーターの資金提供予算からPTIトークンと引きかえに  100,000WAVES。
●助言による支援: 
全体的なICOに関する助言、トークン経済学と市場への適合についての助言。
●マーケティング助言: 
プロジェクトの伝達戦略、Wavesコミュニティへのアクセス、共同のPR活動に関するコンサルティング助言。
●その他のリソース: 
世界の潜在的なパートナー、アドバイザー、ファンド、個人投資家とのネットワーク支援。
【Paytomat CEO:ユリイ・オレンティルのコメント】
Paytomatは、仮想通貨の使用を日常生活に取り入れることを目指し、世界的に成長しています。当社は、企業規模を拡大しビジネスを成長させるためにトークン販売を実施します。Waves Labに参加することは大きな後押しとなるでしょう。資金提供や助言サポート、有力な国際コミュニティの支持や支援が得られるためです。Wavesのプラットフォーム を選んだ理由は、非常に柔軟で作業が容易であることです。Wavesスマート契約キットを用いて、PTIトークンを簡単にカスタマイズできました。このブロックチェーン取引の速度は稲妻のような速さです。そして、この速さは当社のコミュニティ・メンバーにとってユーザー体験の重要な要素でもあります。

■2つ目の参加企業はTradingeneです。
Tradingeneは、アルゴリズムを取引する最初のブロックチェーン・ベースのマーケットプレイスです。ユーザーは仮想通貨を取引するためにアルゴリズムをつくって、展開することができます。開発の最後の3年間で、全世界の主要大学から、取引戦略を作成した経験のある数学者やプログラマーなど、300人以上のアルゴリズム制作者を惹きつけました。
Tradingeneは、Waves Labから詳細な監査とICOキャンペーンの助言を受けるほか、Wavesコミュニティや共同のPR活動を利用できるようになります。また、個人投資家やファンド、重要な仮想通貨のオピニオンリーダーとインフルエンサーを含むWaves Labインキュベーターの連絡先とパートナーの全ネットワークにアクセスすることができます。
Tradingene URL:https://tradingene.io/
【Tradingene COO、セルゲイ・クズミンのコメント】
最近は大部分のICOがイーサリアム・ブロックチェーンを使いますが、Tradingeneは最速かつ最安のブロックチェーンであるWavesのプラットフォームを採用します。その理由は、当社が単に短期的利益を追求しているのではなく、根本的に異なる長いタイムスケールについて考えているからです。当社は、製品をユーザーに使いやすく提供するだけでなく、近い将来世界的な拡張性を備えたものにしたいと思っています。Tradingeneのユーザーにとって取引の速度と費用はとても重要な点です。当社は投資家に、妥協しない利益と柔軟な機能を提供したいと考えています。そして、Wavesならびにその配下にあるWaves Labはこれを実現するための正しい手段を提供してくれます。つまり当社は、快適な作業環境がどれほど現代のトレーダーと投資家にとって重要かを理解しているのです。WavesとTradingeneは同じ方向を向いており、自社製品において顧客体験を最も重視しています。

■3つ目の参加企業は、Digiliraです。
Digiliraは、ユーザーがトルコ・リラ(TRY)をWavesDEX上のWTRYという名前の仮想通貨トークンに変換することができるプラットフォームです。Wavesのプラットフォーム上で発行されるWTRYトークンは、トルコ・リラにより1:1で裏付けられています。したがって、Digiliraは、本物のトルコ・リラとWTRYトークンを変換するユーザーのためのゲートウェイとしての役割を果たします。Digiliraという会社名は、デジタル・トルコ・リラ(Digital Turkish lira)を短縮したものです。Digiliraは、顧客に対して取引をスタートしました。2017年12月11日以降、1000万トルコ・リラ以上が入出金され、今ではDigiliraゲートウェイから8,000人以上の顧客にサービスを提供しています。これまでにDigiliraを通して2,600以上の新しいWavesウォレットがつくられました。
Digiliraは、すでに少額のスタートアップ資金を受け取り、トルコ・リラの公式Wavesゲートウェイとしての地位を与えられています。Waves Labプログラムの一部として、Waves Labの担当者は、①Digiliraと連携し、より多くの仮想通貨ゲートウェイをWavesのプラットフォームに追加する、②ローカルなゲートウェイの開設を望む他のプロジェクトのコンサルティングを行う、
③いかなるゲートウェイでも速く開設できるホワイトラベルソリューションを開発する、といった課題に取り組みます。
Digilira URL:https://www.digilira.com/

【Waves Lab COO ヴィタリー・ツィグレフのコメント】
Waves Labインキュベーターの参加企業としてTradingeneやPaytomatのような強力なICOプロジェクトを受け入れることができ、たいへん嬉しく思います。これらのプロジェクトは、トークン販売を行う前にも長年にわたり企業を発展させてきた専門家のチームです。また、Digiliraプロジェクトにつきましては、これとは別に特筆すべきものです。それは、このプロジェクトがアクティブな地域のWavesコミュニティを結びつける好例であると思っているためです。そして、そのおかげで、全国民が仮想通貨市場にアクセスできるより多くの方法が生まれるのです。

【 Waves Labについて 】
Waves Labは、Wavesのプラットフォーム・インフラを用いて革新的なソリューションをつくっている才能あふれる先見性の高い技術者のために、ICOプロジェクトに注力しているブロックチェーン技術インキュベーターです。スタートアップの初期資金、法的支援、助言、リソース、PRおよびマーケティングを提供します。Waves Labは、すでにSimdaq、MyTrackNet、Paytomat、Tradingene、Digiliraなどのプロジェクトを擁しています。
詳細は、http://waveslabs.comをご覧ください。

【 Waves Platformについて 】
Wavesはブロックチェーンに基づく先進的なエコシステム(連携した製品やサービス)です。 同社は、ICOで1,600万ドルを調達した2016年6月に始まりました。製品とサービスには、複数通貨ウォレット、Wavesトークンランチャー(通貨の発行機能)、資金調達機能、および分散型暗号化交換があります。 15万社のアクティブメンバーが参加しているWavesのエコシステムを通して、スタートアップ企業はすでに1億ドル以上の資金を調達しています。 Wavesはスイスに登録されモスクワとアムステルダムにオフィスを構え、今後はニューヨーク、ベルリン、ロンドン、シンガポールへの展開を計画しています。 詳細は www.wavesplatform.com をご参照ください。
社 名: Waves Platform
設 立: 2016年6月
代 表: 創業者兼CEO サシャ・イワノフ
従業員数: 50名
本社所在地: ロシア/モスクワ
電 話: +7-916-228-91-75
オフィス: モスクワ、アムステルダム
メール: pr@wavesplatform.com
ウェブサイト: https://wavesplatform.com/ (日本語版作成中)
ブログ: https://blog.wavesplatform.com/japan/home (日本語)
Wavesニュースチャンネル: https://t.me/wavesnews
CEOニュースチャンネル: https://t.me/absolutelysasha
Wavesトークンの時価総額: https://coinmarketcap.com/currencies/waves/

【 問い合わせ先 】
Waves Platform 広報窓口:
共同PR株式会社 PRアカウント本部/小林、大谷
TEL:03(3571)5238  Mail:waves-pr@kyodo-pr.co.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
金融
掲載日
2018年 04月 04日
タグ

月別掲載数

お知らせ