無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

真空管Bluetoothスピーカー VISOR-ROM(バイザーロム)のお取り扱いを開始

株式会社サン・クリーンのプレスリリース2018年 03月 17日

バイザーロムのプレスリリース

株式会社サン・クリーン(本社/東京都練馬区)は
真空管Bluetoothスピーカー、バイザーロムのお取り扱いを開始します。

現在はスマホ等のデジタルデバイスで音楽を聴く事が主流となり
音楽がファイル化され、手軽に大量の音楽を持ち運べるようになりました。
しかしながら、便利さの代償として失った物は音が持つ本来の魅力である、「温かさ」でした。

レコード盤に針を落とし、擦り切れたキャビネットが奏でていた
音には豊かさや温もりがあり、そしてそれらの広がりがあったからこそ
臨場感があり、それでいて耳に優しく、いつまでも音楽を楽しめたのでは
ないでしょうか?

デジタルミュージックが主流になった昨今でも、多数のアーティストが
CDとは別にLP盤を限定リリースしており、それは音楽のプロ達が
LP盤の音質を今でも認めている証拠でもあります。

デジタルミュージックの便利さと、LP盤の音の豊かさを
どうにか両立できないか?
それを追求して、誕生したのがバイザーロムであります。

通常のBluetoothスピーカーは低音から高音まで、全ての帯域を
一つのスピーカーユニットで鳴らしておりますが、
バイザーロムは上部に”Doom Tweeter”(高音域用スピーカー)、
下部に”Woofer”を搭載する事により、クリアな高音と豊かな低音を
実現し、単体のスピーカーユニットで構成する製品とは一線を画しています。

さらに、多数のマニア達自作のアンプに愛用されている、RAYTHEON社の
JAN6418真空管を採用し、楽器が持つ固有の音色を歪曲させず、
原音に忠実で「優しく」、「暖かく」、「リアルな」、そして「贅沢な」
音を鳴らす事に成功いたしました。

音質に対する徹底した拘りは、ここでは終わりません。
最高にクリアな音質を実現する為に、デジタル信号処理チップには
旭化成社のAK7755 DACを採用し、ノイズを最小限に抑えております。

そして、Bluetoothコーデックにapt-X HDを採用しておりますので
Hi-Fiサウンドをお楽しみ頂く事ができます。

細部までの拘りを持って生まれたスピーカー、バイザーロムは
最新デジタル技術と真空管というアナログ技術が、
これ以上ない相性で組み合わさった、これまでにない、
全く新しいBluetoothスピーカーと言えます。

当社ではこのスピーカーを一人でも多くの皆様にお楽しみ頂けるよう、
小売の他、販売パートナー様企業を募集しております。

自社での販売をご検討頂ける企業のご担当社様からのご連絡を
お待ちいたしております。

直接のご購入はこちら:https://www.amazon.co.jp/dp/B07BJ38Y48

本PRに関するお問い合わせ先
株式会社サン・クリーン EC事業部
担当:皆川、村上
TEL 03-3994-1422

ジャンル
商品・サービス
業界
デジタル製品・家電
掲載日
2018年 03月 17日
タグ
iPhone スマホ スピーカー AV機器 練馬電機商会

月別掲載数

お知らせ