無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

KAO=S待望のニューアルバムからタイトル曲「AMIRITA」のミュージックビデオを公開

D・I・O エンターテインメント合同会社のプレスリリース2018年 03月 06日

国境を越えインディペンデントな活動を世界中で繰り広げるアート・ロック バンド KAO=S (カオス)が2018年3月3日、ニューアルバムからのタイトル曲「AMRITA(アムリタ)」のミュージックビデオをYouTubeにて公開しました。演出・制作は数多くのMV制作を手がけ、多数の受賞歴を誇る映像ディレクター・ 野田智雄。
URL https://youtu.be/ll7h77id6y0

本曲含め全6曲収録のアルバム「AMRITA」は、レッド・ホット・チリペッパーズ、セリーヌ・ディオン、トム・ペティ、X JAPAN等の作品を手がけたL.Aを拠点に活躍するプロデューサー/エンジニア Kenji Nakaiを迎え制作。アルバムジャケットは、ローリング・ストーンズ唯一の日本人公式フォトグラファーにして、国内外のロックアイコンを数多く撮影している有賀幹夫が手掛けています。

2017年7月Motion Gallery及びIndigogoで実施、国内外から多くの支援を集め目標金額180万円を上回る形で達成したクラウドファンディングにより制作された、ミュージックビデオ及びニューアルバム「AMRITA」。世界でも活躍するトップ・クリエイター Kenji Nakai、有賀幹夫、野田智雄が、KAO=Sのサウンドと活動に賛同し、始動した本プロジェクトは、制作中にオリジナルメンバーである三味線奏者 寂空 (ジャック) が脱退。収録曲を大幅に変更、レコーディングをし直す等、紆余曲折を経て完成しました。

山切修二(ギター・ボーカル)と川渕かおり(ボーカル)の2人体制となるKAO=Sの新たな世界観を追求したニューアルバムには、そうる透(ドラム)他多くのミュージシャンが参加。ストリングス、タブラ、二胡、馬頭琴、ダルシマー等の音色が入った、多国籍で有機的なサウンドに仕上っています。ミュージックビデオも、川渕が剣舞を含め多彩な表情を雄大な自然の中で見せる映像となりました。
2011年結成よりアメリカを始め世界9ヶ国で演奏、幅広い経験と視野を持つKAO=Sのニューアルバム「AMRITA」は、3月20日新宿MARZで行われるワンマンライブ「Chaotic Party」の会場での発売を皮切りに、CDはKAO=S Website で3月21日より販売。デジタル配信はiTunes, Apple, Spotify, Amazon, Google play, KKBOX他主要配信サイトにて3月下旬よりリリース予定です。

————————-
■KAO=Sニューアルバム「AMRITA」リリース情報
・アルバムタイトル: AMRITA
・レーベル : D・I・O ENTERTAINMENT
・カタログNo : KAOS-1002
・デジタル版:2018年3月21日以降主要配信サイトにてリリース予定
・CD:2018年3月21日 KAO=S Website及びライブ会場にて販売予定
※Website https://www.kaos-japan.net/ での販売は国内のみ対応
・販売価格:2000円(税込み)

■参加ミュージシャン
KAO=S:川渕かおり(ヴォーカル)
KAO=S:山切修二(ギター、ヴォーカル)

そうる透 (ドラム)、菊嶋亮一(ドラム)
Okiya Okoshi (ギター)
神田智行 (ベース)、勝矢匠(ベース)
Masahiro "Godspeed" Aoki (ストリングスアレンジ、プログラミング)
中島康寛(ストリングス・ダルシマーアレンジ、プログラミング)
タンセン・シュリワスタヴァ (タブラ)
Shin (二胡)、セーンジャー (馬頭琴)
KAZU (ジャンベ)、Satoshi-Sammy-Saito (ジャンベ)
寂空 (黄泉線)

■収録楽曲
1)世界の朝
2)AMRITA
3)桜香る(再レコーディング)
4)桜の鬼(再レコーディング)
5)砂塵
6)舞夢(再レコーディング)

■アルバム・リリース記念ワンマンライブ 「Chaotic Party」
・出演:KAO=S (カオス) ※ゲストあり
・日時:2018年3月20日(火) / ・開場:18時半 ・開演:19時半
・会場:新宿MARZ 新宿区歌舞伎町2-45-1 第1トキワビルB1F
Website http://www.marz.jp/
・料金:前売¥3,500 当日¥3,800 (共に別途ドリンク代要)
・主催:D・I・O エンターテインメント合同会社

なお、川渕かおりは今年2月に出演していた舞台公演中に左膝を負傷。診断の結果「左膝前十字靭帯断裂・内側靭帯損傷」である事が判明致しました。3月20日のワンマンライブ「Chaotic Party」は予定通り出演・実施を致しますが、その後ついては本格的な治療を行うため未定とさせて頂きます。今後の予定については決定し次第KAO=S Website他にてお知らせいたします。

—————————-
■KAO=S (カオス)プロフィール

2010年夏、モーションアクターや剣舞師として活躍していた川渕かおりと、シンガー/ギタリストの山切修二が出会い意気投合。山切が川渕の剣舞の為に作曲した「桜の鬼」を年末に二人で初披露し好評を博す。

2011年4月、津軽三味線奏者・寂空を加えたトリオでステージに立ち、バンドとしての活動を開始。震災後の混沌の中から新たな日本の音楽スタイルを世界に提示する意味も込め、カオスと命名する。ロック・プログレ・ポップ・民族音楽などを幅広く吸収しミックスした音楽性と、シンガー川渕の舞や語り、剣舞パフォーマンスを取り入れた独自の世界観のショウで瞬く間に注目され、結成から数ヶ月後の2012年春には世界最大の音楽見本市、サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)に出演。続く6都市のアメリカツアーも大好評のうちに終えた。

2013年は、再びSXSWに出演した後、ドイツ・イギリスを廻り、フランスではパリJAPAN EXPO出演の他、数公演を行った。
2015年には米CNNインターナショナル局の番組「The Art of Movement」の取材を受け、〝芸術性の高い日本のバンド〟として全世界に紹介された。以降、海外のフェス出演や国交行事での演奏のオファーが増加し、大連(中国)・サンパウロ(ブラジル)・アスンシオン(パラグアイ)・アリカンテ(スペイン)などで公演を行い、いずれも好評を博した。国内ではWWWやStar Pine’s Cafe等での定期的なワンマンライヴ開催の他、全国各地ホール会場での単独公演を成功させた。各省庁の行事や式典での演奏、そしファイティングミュージカル「魔界」への出演等、幅広い層へのアピールで注目度を高める。
2017年10月にはKEF主催イベントのメインアクトとしてZEPP TOKYOで演奏。
2017年夏より、レッドホットチリペッパーズ、トム・ペティ、セリーヌ・ディオン、X Japan のエンジニアを務めたKenji Nakai氏をプロデューサーに迎え、サードアルバムの制作を開始。制作中に寂空が脱退し、川渕と山切の二人体制となる。

【KAO=S WEB and SNS URL】
・Website  https://www.kaos-japan.net/ 
・Facebook https://www.facebook.com/kaos.japan
・Twitter https://twitter.com/kaos_japan
・Instagram https://www.instagram.com/kaos_japan/?hl=ja
・Sound Cloud https://soundcloud.com/kaos-japan/

ジャンル
その他
業界
映画・音楽
掲載日
2018年 03月 06日
タグ
インディーズ ライブ 公開 ミュージックビデオ ニューアルバム

月別掲載数

お知らせ