無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

【最終案内】日中翻訳学院の日文中訳の通信講座「鄭塾」第16期を3月開講へ

日中翻譯学院のプレスリリース2018年 03月 05日

【最終案内】日中翻訳学院の日文中訳の通信講座「鄭塾」第16期を3月開講へ
  http://fanyi.duan.jp/teijuku.htm 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院は、2018年3月開講の日文中訳「鄭塾」通信講座・第16期受講生を募集します。
指導講師は、中国の著名な翻訳家である鄭民欽教授。毎週、課題文を受講生にメールで送り、受講生は2週間以内に訳文を講師あてメールで提出します。
講師は丁寧に添削したものを各受講生あてに郵送するとともに、参考訳文と講評をメールで送付します。これを10回くり返し、最終回はスクーリングを計画しています。受講生には修了証書を授与します。

第16期1回目の課題文発送は、3月19日(以後、毎週月曜に課題文発送)。
受講生の訳文提出締め切りは2週間後の日曜日とし、参考訳文の発送はその1週間後とします。 最終回はスクーリングを開催する予定。スクーリングに参加できない方には別途、特別課題を用意します。

* 課題文の見本 http://fanyi.duan.jp/tei1.htm 

申し込み要領、受講料などの詳細は以下の通り。
有名講師の直接指導で、さらに日文中訳の質を高め、スキルを磨くチャンスです!
多くの受講生の参加をお待ちしています!

※ 日文中訳「鄭塾」通信講座・第16期のご案内
http://fanyi.duan.jp/teijuku.htm 

■講師紹介: 鄭民欽教授
1946年、福建生まれ。北京外国語大学日本語学科卒業。中日友好協会副秘書長、慶應大学訪問研究員などを歴任。
現在は、中国日本文学研究会副会長、中国作家協会会員、北京大学中日詩歌比較研究会理事、北京大学日本研究センター特別研究員などを兼任。
著書は『日本俳句史』、『日本民族詩歌史』、『和歌美学』など。訳著は『源氏物語』、『奥の細道』、『孔子』(井上靖)、『万延元年のフットボール』『燃え上がる緑の木』(大江健三郎)、『東京人』(川端康成)、『春琴抄』(谷崎潤一郎)など約80種。

■主催: 日本僑報社・日中翻訳学院
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15  電話:03-5956-2808

◆日中翻訳学院のご案内◆
【「実戦の中国語」へブラッシュアップ!】
日中間の交流が質量ともに高まりつつある現在、実戦的できめ細かな中国語技能への需要が高まっています。このような時代のニーズを見据え、北京五輪がフィナーレを迎えた2008 年9 月、日本僑報社は「よりハイレベルな中国語人材の育成」を目的に「日中翻訳学院」を設立しました。

【真剣に「出版翻訳のプロ」を目指す人に】
「日中翻訳学院」は、文芸作品、学術書、ビジネス書など、特に出版翻訳の第一線で活躍できる人材の育成を目指しています。「日文中訳」「中文日訳」の目的別にコースを設け、厳選されたオリジナル教材を用います。中国語翻訳の理想と言われる「信・達・雅」(正確であること、意を尽くしていること、表現が美しいこと)を目標に、より高度な表現力を磨いていきます。

【一流の講師陣、学びやすい受講料で応援】
中国語翻訳人材の養成に豊富な経験と実績をもつ一流の講師陣が担当します。良心的な受講料と、一人ひとりに対応した丁寧な指導で、着実なステップアップを図ります。メールによる添削指導を行う通信講座のほか、スクーリングでは、それぞれのキャリアや得意分野を持つ他の受講生との交流や情報交換が、モチベーションのアップにつながります。

【仕事につながる!「日中翻訳協会」始動】
当学院の修了生には、日本僑報社の翻訳人材データバンクへの無料登録などの特典があります。また、2013 年に新たに設立した「日中翻訳協会」では、日中の出版交流に橋をかける翻訳仲介事業を本格的に展開します。自ら出版・翻訳事業を手がける日本僑報社が主催する当学院だからこそ、「学び」が「仕事」につながります。

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2018年 03月 05日
タグ
日本僑報社 日中翻訳学院 鄭塾

月別掲載数

お知らせ