無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

ミニチュア吹奏楽団「HiBi Quartet(ひびかる)」、4人の超豪華ゲストを招き、3月にHiBi Quartet 6days concert〜1st mini Album “Grand Voyage”発売記念〜を開催! 吹奏楽の魅力を現役音大生(東京芸大・洗足学園)4人が再構築するプロジェクト。アンサンブル・吹奏楽界への新提案。

HiBi Quartetのプレスリリース2018年 03月 03日

HiBi Quartet(ひびかる)が1stアルバムを背負い、各界でで話題のアーティストとともに、2018年3月5〜10日Music Salonおんぷ(相鉄線・希望ヶ丘駅)にて6日間連続でコンサートを開催することが決定いたしました。

公演URL:https://baronpu.on.omisenomikata.jp/diary/1787067

■ミニチュア吹奏楽団
5年の構想期間の後、吹奏楽の魅力を少人数アンサンブルで表現することを目的に、ミニチュア吹奏楽団としてアウトリーチ活動を行う傍ら、オリジナルレパートリーの開拓や他ジャンルとのコラボレーションなど、吹奏楽の魅力を再構築しています。2017年8月に横浜と山形にて企画開催したサマーツアー両公演はチケット完売の満員御礼。コンセプト、演奏共に老若男女問わず幅広い層からの支持を得ています。

■4人のスペシャルゲストを招致し、前代未聞のアンサンブル!
日替わりで各界で話題のアーティストを招く、ひびかるならではのコンサートです。
コントラバス界のスーパーテクニシャン新井優香、ユーチューバーフルーティスト尾崎勇太、ジャズドラマーの赤瀬楓雅、サクソフォーン国際コンクール覇者松下洋とゲストも超実力派で新進気鋭の奏者たちです。あっと驚く瞬間が毎晩繰り返されます。
3月5日(月) 新井優香(コントラバス)&ひびかる
3月6日(火) 松下洋(サクソフォーン)&ひびかる
3月7日(水) 尾崎勇太(フルート)&ひびかる
3月8日(木) ひびかるday
3月9日(金) 赤瀬楓雅(パーカッション)&ひびかる
3月10日(土) 松下洋(サクソフォーン)&ひびかる

■1stアルバム「Grand Voyage」発売
4人の作曲家にオリジナルナンバーを委嘱し、吹奏楽の魅力と少人数アンサンブルの緻密なアンサンブルを1枚に収めたアルバムが3月5日に発売されます。吹奏楽コンクール課題曲「うちなーのてぃだ」の作曲者長野雄行氏を始め、サクソフォーン奏者でもある小倉大志氏、映画音楽作曲家の肥後憧子氏、そしてひびかるをもっともよく知る上田素生氏の個性がそれぞれ詰まった楽曲に仕上がりました。
01. Scene and Dance(Takeyuki Nagano)
AQUA~通りすがりの深海魚~(Taishi Ogura)
02. 第1楽章 -プロローグ 窓から見える景色-
03. 第2楽章 -通りすがりの深海魚-
空~Sol-la~(Motoki Ueda)
04. 第1楽章 -colorful-
05. 第2楽章 -blue-
06. Grand Voyage(shoko Higo)
07. ~Secret Track~

■オフィシャルウェブサイト公開開始
今回の6日間連続コンサートとアルバム発売に合わせてオフィシャルウェブサイトが公開されました。楽曲試聴はもちろん、コンサート予約や問い合わせはこちらから送ることができます。
オフィシャルウェブサイトURL:https://hibikarubot.wixsite.com/hibiquartet

■公演概要
日時 : 3月5日(月)~3月10日(土)
開場 18:30/開演 19:00
場所 : ミュージックサロンおんぷ
相鉄線「希望ヶ丘駅」より徒歩約2分
https://baronpu.on.omisenomikata.jp
料金 : 一般 1500円(ドリンク別途)
お問い合わせ:ミュージックサロンおんぷ 080-2019-7120(18:30~23:00)

■アルトサクソフォーン奏者、千野哲太プロフィール
横浜市出身。
2015年、神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻卒業。

サクソフォーンの多様性をテーマとして、バイオリンやフルート、チェロなどの曲をレパートリーに含み正統派クラシックサクソフォーンを追求する傍ら、クロスオーバーを主とするアウトローな4人によるサクソフォーン・カルテット"MOUTON”、またクラシック、ジャズ、ロック、ヒップホップ、EDMなどから影響を受けるバンド”ZEBRA”にも参加し、次世代のクラシックに通ずる道を開拓している。
ソリストとしては大学1年から全国で新作初演をメインに活動し、2018年7月、学内モーニング・コンサートにてパガニーニ作曲バイオリンコンチェルト第1番サクソフォーン版を芸大フィルハーモニー管弦楽団と共演予定。バスサックスからソプラノサックスまでを使い分け、本場ウィーンやブダペストでの演奏を経て2015年にソロコンサートを開催した。

世界初のサックスとドラムのみによるロックバンド"Tokyo Rock’n SAX”のリードテナーサックス奏者であり、ZeppTokyoにて第10回ワンマンライブを開催。サクソフォーンとロックが絡むライブパフォーマンスを常に研究している。

他にも、須川展也サックスバンドやMALTA JAZZ BIGBANDなどのバンドに参加し、ジャズ、ファンク、ブルース、ソウル、R&B、EDMなどの演奏のほかアレンジャーも務める。
サクソフォーン以外にピアノや作曲でも共にコンクール一位及び入賞歴もあり、路上ライブなども行う。
現在は東京藝術大学に在学しながらも、オリジナリティのある活動を日々思案している。

第20回浜松国際管楽器アカデミー受講。
第16回Jr.サクソフォーンコンクール第1位。

これまでに、サクソフォーンを田村哲、田村真寛、冨岡和男、須川展也、大石将紀の各氏に師事。マスタークラスなどで、Jerome Laran、大森義基、有村純親、福本信太郎、Levente Puskas、下地啓二、Claude Derangle、Nikita Zimin、松下洋、Arno Bornkampの各氏のレッスンを受講。

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2018年 03月 03日
タグ
吹奏楽 芸大 音大

月別掲載数

お知らせ