無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

中国の大学生はどのように日本語を勉強しているか?「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞受賞者を囲む懇談会のご案内

日本僑報社のプレスリリース2018年 02月 14日

中国の大学生はどのように日本語を勉強しているか?「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞受賞者を囲む懇談会のご案内

日本僑報社・日中交流研究所主催、在中国日本国大使館と日中友好議員連盟など後援の「中国人の日本語作文コンクール」は、昨年の第13回コンクールで最優秀賞(日本大使賞)を受賞した宋妍(そうけん)さん(河北工業大学、写真)の2月26日~3月4日の日本訪問を予定しております。

副賞の「日本一週間招待」によるもので、来日期間中は東京に滞在し、関係各所への表敬訪問、シンポジウム・懇談会への出席のほか、都内視察をする予定です。

そこでこの機会に、宋妍さんを囲む国会懇談会・記者会見を開きたいと存じます。

「中国の大学生はどのように日本語を勉強しているか」といった若者事情をはじめ、彼らが日本語や日本にひかれるわけ、将来の夢などをざっくばらんに語ってもらいます。これは日中交流の今後の展開など様々な対話が深められる、またとないチャンスかと考えております。

まだ寒さの残る折、お忙しいなか恐縮ですが、ぜひともご参加くださるようお願い申し上げます。

─ 記 ─

(1)日時:2018年3月1日(木)15:00~17:00(その後個別取材可)

(2)場所:衆議院第二議員会館 B1F 第2会議室
     (〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-2)

(3)報告:宋妍・第13回中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)受賞者

(4)挨拶:近藤昭一・衆議院議員、日中友好議員連盟幹事長
      西田実仁・参議院議員
      段躍中・コンクール主催者、日中交流研究所所長

(5)費用:無料

※参加・取材希望の方は、お名前、所属、連絡先(電話、携帯、メールアドレスなど)を明記の上、日本僑報社 info@duan.jp または、FAX:03-5956-2809 あてお申し込みください。担当: 南、張本(Tel 03-5956-2808)

第13回中国人の日本語作文コンクール受賞作品『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』のご案内

本書には、第13回コンクールに中国各地から寄せられた作品計4031本のうち、3等賞以上を受賞した81本を掲載している。

最優秀賞に選ばれた宋妍さんの作品「『日本語の日』に花を咲かせよう」は、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」のビデオ制作活動を知り、周囲の人たちを誘って実際に歌った経験を交えて「日本語の日」こそこの歌を届けたいと、復興を目指してがんばる日本人への温かな励ましの気持ちを綴っている。

今を生きる中国の若者たちのリアルな「本音」「生の声」が満載!中関係の未来への明るい希望を感じ取ることができる一冊だ。

■推薦の言葉

本の皆さんには「日本人に伝えたい中国の新しい魅力」に代表される中国の若者の心からのメッセージを、どうか真正面から受け取ってください。そして改めて知られざる中国の魅力や面白さ、不思議さを知り、再認識していただけたら幸いです。長い歴史的なつきあいのある隣国を「近くて遠い国」と評することがありますが、本書に収められた入賞作は「隣国を遠ざけて考える要因がどこにあるか」を知る手がかりを与えてくれることでしょう。要は、互いに絶え間なく理解を深めること、これに尽きるような気がします。

石川好(作家)

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2018年 02月 14日
タグ
日本僑報社 日中交流研究所 第13回中国人の日本語作文コンクール

月別掲載数

お知らせ