無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

新潟県発!官民協働による自治体職員向け 研修プログラム 「OMO Niigata Vol.1」

OMO Niigataのプレスリリース2018年 02月 11日

「3日で変わる!"攻め"の自治体職員養成プログラム!」

新潟県職員が自主的に開催する自治体職員向けの研修プログラム、それが「OMO」です。
20~30代の、これからの新潟県の未来を担う若手職員が、民間の方と協働し”1人”の
幸せを本気で考えるワークショップ形式で開催されます。

■Point.1
「 “1人”の職員から生まれた企画!”1人”の想いが官民協働の架け橋に!」
本企画は、民間からの中途採用である”1人”の県職員が抱える問題意識から生まれました
コーチや審査員などの民間の方もその想いに共感し、本プロジェクトに協力いただいています。1人の想いが周りに伝わり、組織を動かし、新潟県の未来を変える、そんなプロジェクトを目指しています。

【Point.2】
「10年後の新潟の未来を変える!”攻め”の行政職員を養成!」
イベントでは、”1人”の人に向けて、「どんな問題を抱えているのか」、「どうやったら問題を解決できるのか」というテーマを、チームで話し合い、具体的なプランを練ってもらいます。問題発見、課題設定、共有、プラン策定、プレゼンまで、新事業立ち上げに必要なスキルを3日間に凝縮し、”保守的”というイメージがある行政職員のマインドアップを図ります。

【Point.3】
「村上から糸魚川まで!県内全域から”アツい”公務員が県庁に集結!」
2/10(土)現在、参加申込者は35人。村上、佐渡、長岡、柏崎、上越、糸魚川など県内全域から、「自分を変えたい」、「同じ思いを持つ仲間を作りたい」というアツい想いを持った行政職員が集まります。山形県、長野県、栃木県の自治体職員からも参加、見学希望が来ています。

【OMO Niigata Vol.1 開催概要】
■開催日時:2018年2月16日(金)~2月18日(日)
■参加対象:新潟県内の自治体職員(20代~30代)
■参加費:7,000円
■開催場所:新潟県庁(新潟市中央区新光町4-1)警察庁舎 4階 警察大会議室
■審査員
・脇 雅昭 氏 総務省官僚/よんなな会代表
・山倉 あゆみ 氏 シンクボード(株) 代表取締役プランニングディレクター
・髙村 純一 氏 (株)CAMP FIRE 取締役

■コーチ
・デュケット 智美 氏 Niigata Sake Lovers 代表
・富山 聡仁 氏 (株)NEPPU JAPAN 代表取締役
・多田 朋孔 氏 十日町市地域おこし実行委員会 事務局長
・樺沢 敦 氏 (株)FARM8 代表取締役
・岡本 幸樹 氏 (株)ピハナコンサルティング 代表取締役

■プログラムアドバイザー
・山本 一輝 氏 アイディアパートナーズ代表 プランニングディレクター

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2018年 02月 11日
タグ
地域活性化 新潟県 地方創生 官民協働

月別掲載数

お知らせ