無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

神田のマカロン専門店 ル プチクール 『チャリティーマカロン』期間限定販売! 犬とこどもの未来を支えるプロジェクトを応援

mimiface JAPAN 合同会社のプレスリリース2018年 01月 12日

フランスの伝統菓子マカロンを日本人の好みにあわせ、旬な国産野菜や和の素材を使用したオリジナルデザインを行う、株式会社マカロンドール(東京都千代田区)は、小児難病の指定とされている、1型糖尿病の根絶を目指す認定特定非営利団体「日本IDDMネットワーク」(佐賀県)の「犬とこどもたちへの命につながる」メッセージをこめたデザインのマカロンを、2018年1月11日(木)〜2月10日(土)まで限定発売し、売り上げの一部を寄付いたします。

■チャリティの目的
日本IDDMネットワークと特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン (広島県)が協働し「低血糖アラート犬」を育成する活動を支援するものです。『低血糖アラート犬』とは、殺処分から逃れ保護された犬を、一型糖尿病患者のインスリンの副作用低である低血糖を嗅覚で察
知しアラートし、命を守る役目を果たします。
本チャリティーは、『低血糖アラート犬』の育成資金として寄付いたします。

低血糖アラート犬育成プロジェクトチャリティーマカロン

こどもにも嬉しい!素材にも見た目にもこだわったマカロン

キャロブマカロン(チョコレート風味)
キャロブマカロンにキャロブクリームとナッツをサンド。
栄養価が高く、ノンカフェイン、低カロリーのいなご豆のパウダー。クリームにはココナッツシュガー使用

バニラアップルマカロン
バニラクリームにリンゴのコンポートをサンド。
国産紅玉使用。クリームにはココナッツシュガー使用

2個入り/750円 (税別)

売り上げの一部を日本IDDMネットワークを通してプロジェクトへ寄付します。

■ 日本初! こどもと犬にいのちを救う低血糖アラート犬育成プロジェクト
小児難病指定され、小児糖尿病とも呼ばれる『1型糖尿病』は、主に自己免疫によって発症します。
自分の体のリンパ球が誤って自身のインスリンをつくる膵臓のランゲルハンス島B細胞の大部分を破壊してしまうことで発病する1型糖尿病。
注射等で毎日インスリンを補充しないと死に至ってしまうこともあり、インスリンの副作用として、低血糖がつきものです。
更に、こどもたちの中には無自覚低血糖を引き起こすこともあり、毎日の生活が命の危険と隣り合わせです。その、こどもたちの命を救うため、低血糖の状況を臭覚によって、知らせてくれる「低血糖アラート犬」の浸透が海外に比べ、これからという状況です。その役割を担うため、犬の殺処分ゼロチャレンジ活動を行う「ピースワンコ・ジャパン」に保護された犬たちのチャレンジが始まりました。既に海外では、低血糖アラート犬の実用化が進み、患者の命を救った事例もあります。
日本IDDMネットワーク とピースワンコ・ジャパン協働、日本初の取り組みです。<日本IDDMネットワーク http://japan-iddm.net/

■本プロジェクトの運営事務局について
企業と支援団体を結ぶ「Cheers.」では、「チャリティーをもっと身近に」をコンセプトとし、企業と支援団体の架け橋となる活動指『Little Boro(リトルボーロ)』に基づき、企画から商品開発、販売、PRまでをプロデュースしています。

<取材・掲載のお問い合わせ>
LBPR事務局運営:Cheers. 山本
mani@mimiface-group.com / 080-7033-3678

<お客様お問い合わせ>
■店舗:Le petit coeur ル プチ クール
http://www.macaron-dor.com/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-4-6 1F ☎03-6451-0230
平日 8:00-9:00/11:30-14:00/17:30-19:30
土曜日 11:00-14:00
定休日 日祝

■オンライン販売:電話・ホームページからメールにて予約受付
http://www.macaron-dor.com/contact/

ジャンル
イベント
業界
食品・飲料
掲載日
2018年 01月 12日
タグ
スイーツ チャリティー マカロン 神田 チャリティーマカロン

月別掲載数

お知らせ