無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

〈札幌・仙台・東京・名古屋・京都・福岡〉現代フランス菓子を創った伝説のメゾン「ルノートル」がパリ発・チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に今年も登場~タブレットドール(金タブレット)を受賞した、新作ショコラに出逢えるのは日本では6エリアのみ~

中島大祥堂のプレスリリース2017年 12月 22日

今年10月にパリで開催された「サロン・デュ・ショコラ」にてチョコレート界のアカデミー賞ともいわれている「Club des Croqueurs de Choclat~クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ~」の栄誉ある賞「Tradition Chocolatiere~トラディション ショコラティエ~」を受賞した、現代フランス菓子界の父とも言うべき故・ガストン・ルノートル氏の遺したメゾンが日本の6エリア【札幌・仙台・東京・名古屋・京都・福岡】にて開催される世界最大級・チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に登場いたします。

【「ルノートル」について】
フランス菓子をアートの領域まで高め、フランス菓子界の父とまで称されているガストン・ルノートル氏が1957年にパリで創設した「ルノートル」。M.O.F.(国家最優秀職人章)を取得した職人が現在6名在籍し、ガストロノミーの概念のもと、ショコラから惣菜に至る、様々な洗練された味覚を生み出し続けています。
ルノートルは15店舗のブティックをフランス国内で展開していますが、価値観・世界観をブティック以外では表現できないという考えからサテライトでの売り場展開をしていません。そんなルノートルがブティック以外で日本での商品展開をした2017年の「サロン・デュ・ショコラ」は多くの方にご来場、ショコラとのふれあいをお楽しみいただきました。そして2度目の出展となる今年は2017年10月に本場パリで開催された「Club des Croqueurs de Choclat~クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ~」アワードで、出場者約180社、約740個のチョコレートから「タブレットドール(金タブレット)」の受賞ショコラを含む新作チョコレートが刷新されたパッケージとともに登場いたします。

【2018年のサロン・デュ・ショコラ】

札幌 丸井今井 札幌本店 2018/1/31~2018/2/14
仙台 仙台三越 2018/2/1~2018/2/14
東京 新宿NSビル※要チケット購入 2018/1/22~2018/1/28
京都 ジェイアール京都伊勢丹 2018/1/31~2018/2/14
名古屋 名古屋栄三越 2018/1/31~2018/2/14
福岡 岩田屋本店 2018/1/25~2018/2/14
※新宿NSビルで開催する「サロン・デュ・ショコラ2018」は、会期を通じ、入場までの待ち時間の短縮や、会場内の混雑緩和のため、今回、デジタルチケットサービス「Yahoo! JAPAN パスマーケット」で「時間帯別の入場チケット」の購入が必要となります。
詳細→http://www.salon-du-chocolat.jp/ticket

【2018年のバレンタイン催会場】
エリア 開催場所 期間
東京 銀座三越 2018/1/24~2018/2/14
東京 日本橋三越本店 2018/1/31~2018/2/14
東京 伊勢丹新宿店 2018/1/31~2018/2/14

※ショコラ画像、その他広報素材のご用意がございます。
※ショコラ・パッケージ現物がご入用の際はお知らせください。
※ギー・クレンザー氏へのインタビュー、当日の中継・ご取材は事前ご相談ください。

参考資料
「サロン・デュ・ショコラ」 パリ会場で2017年10月28 に開催された「Club des Croqueurs de Chocolat~クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ~」※のアワードにおいて、約180社、740ものショコラの中から格付け最高位となるタブレットドール(金タブレット)を受賞しました。さらに③④は「クープ・ド・クール」を受賞しております。
※1981年に設立されたフランスのショコラ愛好家の団体で、アワードは毎年「サロン・デュ・ショコラ」の開催に合わせて発表されます。フランス国内外のショコラトリー、パティスリー約150社以上から出品を募り、団体会員の中から選ばれた18人の当番審査員が、味、デザインなど独自の基準で評価します。現在は、タブレットドール(金タブレット)が最高位とされています。

【Guy Krenzer(ギー・クレンザー)氏に関して】 
フランス アルザス地方出身。
ガストン・ルノートルの遺産をつなぐクリエーション・ディレクター。キュイジニエ部門・トレトゥール部門2つのM.O.F(フランス最優秀職人賞)を取得。2004年メゾン・ルノートルに招聘され、5年間ガストン・ルノートルとともに過ごす。「素材にこだわり、料理の様にレシピを考えてチョコレートを創る」というコンセプトのもと、「フィーリングの風味と食感」に注力し、ガストロノミー概念を持つルノートルでしか表現できない様々なショコラを創り上げる。

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2017年 12月 22日
タグ
チョコレート 新作 バレンタイン サロンデショコラ ルノートル

月別掲載数

お知らせ