無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

厚さ26倍!ふぐ刺しは厚切りが新常識 ~3層のふぐの皮を食べ尽くすふぐ会席、販売開始~

株式会社せんざんのプレスリリース2017年 11月 25日

株式会社せんざん(本社:神奈川県横浜市港南区、代表取締役:山泉篤)が運営する、せんざん横浜東口三井ビル店では、通常の26倍の厚さのふぐ刺しや、三層のふぐの皮を全てお楽しみいただける「厚切りふぐ会席」を1 月25 日( 木) より販売いたします。旬のふぐを存分にお楽しみ下さい。

◆厚さ26 倍 とらふぐ厚切り刺し
通常のふぐ刺しは、厚さ約0.3mm。
今回は26 倍の厚さの8mm でふぐ刺しをお楽しみ下さい。
あえて厚切りでお召し上がりいただく事で、
想像以上のコリコリの弾力と、噛めば噛むほどに、
ふぐの旨味を味わっていただけます。
是非この旬の時期にお楽しみ下さい。

◆ふぐの皮は三枚重ね
ふぐの皮は三層になっています。
一番外側の皮を「鮫皮」と呼び、コリコリとした食感が特徴。その下の皮を「とうとうみ」と呼び、
コラーゲンが多くシャキシャキ、コリコリとしています。そして一番身に近い薄皮を「身皮」と呼びます。
会席では、厚切り刺しについた身皮、鮫肌の湯引きとにこごり、とうとうみの梅ゼリーがけで
三層の皮を全てお楽しみ下さい。

【何故” とうとうみ” と呼ぶの?〕
鮫皮は、鮫のようにザラザラしている所からその名がつけられ、
身皮は、身に付いている所からその名がつけられました。ではなぜ中間はとうとうみと呼ぶのでしょうか?
これは、昔の国名の駄洒落なんだそう。戦国時代、三河( みかわ) の国の隣に、遠江( とうとうみ)
という国があった所からきています。つまり、身皮( 三河) の隣にあるからとうとうみ( 遠江) と呼ばれるようになったと
言われています。      22.11.3 日 山口新聞掲載

◆商品概要
商品名:厚切りふぐ会席
価格:2,980 円( 税別)
販売店舗:せんざん本店 横浜東口三井ビル店
販売期間:2018 年1 月25 日~ 3 月22 日まで
数量:1日限定20 人前
メニュー内容( 全6 品):前菜3 種盛、とらふぐ厚切り刺し、茶碗蒸し、
           ふぐちり小鍋、天婦羅、ふぐ雑炊

◆店舗概要
店舗名:せんざん本店 横浜東口三井ビル店
URL:https://r.gnavi.co.jp/a563818/
所在地:神奈川県横浜市西区高島
1-1-2 横浜三井ビルディング1 階
電話番号:045-681-1200
営業時間:平日 11:30 ~ 15:00/17:00 ~ 22:30(L.O.22:00)
     土 11:30 ~ 22:30(L.O.22:00)
   日・祝 11:30 ~ 19:00(L.O.18:00/ ドリンクL.O.18:30)

◆会社概要
横浜を中心に飲食店を経営する株式会社せんざんは、
「お客様に美味しさとまごころ」を伝えるため、
日々サービスの向上に力を入れております。
今後は横浜で築いた盤石な基礎をもとに、
首都圏へ進出いたします。

商号:株式会社せんざん
代表取締役:山泉篤
所在地:神奈川県横浜市港南区港南台3-24-7
事業内容:飲食店の経営
設立:昭和63 年5 月
資本金:4,800 万円
ホームページ:http://www.senzan.co.jp/

【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】
広報担当:車谷 利紗( くるまや りさ)
TEL:080-6502-7202
Mail:kurumaya@senzan.co.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2017年 11月 25日
タグ
横浜 ふぐ せんざん てっさ とらふぐ

月別掲載数

お知らせ