無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【公開研修発表会】介護研修で来日中の日系ブラジル・キューバ人の研修生、仙台のデイサービスで音楽リハビリ披露

株式会社ゆらリズムのプレスリリース2017年 11月 21日

仙台市で介護デイサービス・放課後等デイサービスを運営する株式会社ゆらリズム(本社:仙台市泉区代表取締役社長:野崎健介)は、日系ブラジル・キューバ人の研修生5名の研修受入を実施。本研修はJICA国際協力機構の南米日系人受入事業で今年で4回目となる。今回は研修生の成果発表として以下日時で「公開研修発表会」を行う。当日の参加希望者または取材依頼は以下参照。

■公開研修発表会
日 時:2017年11月13日(月)~11月28日(火)
場 所:音楽リハビリデイサービス南光台店
内 容:日系人研修生によるデイサービス利用者の前で音楽リハビリ研修で学んだ楽器演奏等の披露
問合せ:022-251-2021(音楽リハビリデイサービスゆらリズム南光台店)

■研修内容
目 的:JICA国際協力機構による南米日系人研修受入事業
内 容:日本における音楽を活用した介護予防、認知症予防の座学および実習(音楽リハビリプログラム)
    石巻市の介護予防イベント参加、被災地石巻市の視察ほか
期 間:2017年11月13日(月)~11月28日(火)
場 所:仙台市内研修センター、ゆらリズム南光台店、石巻市内の仮設住宅ほか
研修生:日系ブラジル・キューバ人5名。(医療福祉従事者、大学生、音楽家など)

■これまでの経緯
①ブラジルの中心都市であるサンパウロでは日系人が世界最大の100万人以上生活している
②ブラジル日系人社会でも高齢化が進んでおり、サンパウロ大学では老年学がスタートしている
③音楽を活用したリハビリプログラムは国の垣根を超えて普及が可能である
④2013年7月 JICA国際協力機構の中南米視察団に参加し2週間の現地視察を実施
⑤現地で行った音楽リハビリの実演は予想以上の好評を得た(現地テレビ局、新聞にも掲載)
⑥2014年11月 JICA国際協力機構の第1回「南米日系人研修受入事業」受託
⑦2017年9月 過去3回の研修生フォローのためブラジルへ2度目の視察
⑧2017年11月 第4回「南米日系人研修受入事業」実施

■今後の展開
①2018年2月 JICA国際協力機構と再度ブラジルへ視察。ブラジルでの音楽リハビリ指導員育成事業について検討。
②これまでの研修生が所属するサンパウロ大学やサンパウロの社会福祉法人とも連携し音楽リハビリを普及促進検討。
③2018年2月 仙台市泉区南光台にてJICA及び宮城ブラジル友好協会と協力し「国際交流」をテーマに「多世代交流型子供食堂」及び「ゆらリズム音楽フェスティバル」を開催予定
④2018年11月 第5回南米日系人研修受入事業

【サンパウロ市】
人口は1,100万人以上、ブラジル最大かつ南半球最大の経済文化の中心都市。また、日系人が世界最大の100万人以上が住んでおり、日本とも非常に深い縁のある都市である。サンパウロ大学は日本の東京大学と同様の難関大学であり、ブラジル連邦共和国大統領は、サンパウロ大学出身者が多い。関連する有名人は故アイルトンセナ、アントニオ猪木、麻生太郎、小野リサなど多岐にわたる。

**************************

■ビジョン
音楽×食×ロボットを通じて地域共生社会の実現
〜年齢・性別・障害・国籍などのバリアをフリーに〜

■会社情報
株式会社ゆらリズム
本社:仙台市泉区
代表:野崎健介
事業内容
・介護保険事業(介護予防型デイサービス運営)
・児童福祉事業(放課後等デイサービス運営)
・講師派遣事業
・研修事業
・JICA南米日系人研修受け入れ事業
・介護ロボット事業
・子ども食堂事業

■本件のお問い合わせ先(担当:野崎)
仙台市泉区南光台南1-1-3
TEL:022-251-2021
mail:nozaki.yura@gmail.com
ゆらリズムHP: http://yura-rhythm.com

ジャンル
イベント
業界
美容・医療・健康
掲載日
2017年 11月 21日
タグ
介護 ブラジル デイサービス 音楽療法 JICA国際協力機構

月別掲載数

お知らせ