無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

応援する 応援するとは? このエントリーをはてなブックマークに追加 広山詞葉が渋谷TANPEN映画祭に続いて 山形国際ムービーフェスティバルにて船越英一郎賞を受賞

映画「今夜新宿で、彼女は、」制作のプレスリリース2017年 11月 13日

2017年11月11日、山形県にて開催された第13回山形国際ムービーフェスティバルにおいて、短編映画「今夜新宿で、彼女は、」に主演する女優の広山詞葉が最優秀俳優賞にあたる船越英一郎賞を受賞した。広山は今年10月にも同映画で第1回 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保において最優秀主演女優賞を受賞している。今後も国内外含めて複数の映画祭への出品・ノミネートが決定しており、さらなる受賞と今後の展開が期待されている。

女優 広山詞葉が企画・プロデュースを手掛け、劇団「□字ック」の山田佳奈が脚本・監督を務めた映画「今夜新宿で、彼女は、」が快進撃を見せている。2017年10月29日に開催された第1回 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保でブロンズバーガー賞と最優秀女優賞を、同11月11日の第13回山形国際ムービーフェスティバルで大西金属賞(作品賞)と最優秀俳優賞にあたる船越英一郎賞をそれぞれ受賞した。

同作は今後、アジア最大級の米アカデミー賞公認国際短編映画祭 ShortShortsFilmFestival & ASIAへの出品を始め、はままつ映画祭、うえだ城下町映画祭、オホーツク網走フィルムフェスティバルでの上映が決定している。
2005年より舞台、TVドラマ、映画等で活躍している広山は今後、テレビ朝日系列の帯ドラマ劇場「トットちゃん!」への準レギュラー出演をはじめとして多くの出演作を控えている。今回の受賞に関して下記のコメントを寄せている。

「今回、主演だけでなくプロデューサーという形でも作品にも携わっていますが、初めてのプロデュース作で勝手がわからず、監督を始めスタッフもキャストもとにかくこの人と物作りがしてみたい!と思うメンバーにオファーをしました。尊敬する倉本聰先生が“創るということは遊ぶということ 創るということは狂うということ“と仰っていて、今回は私なりに“全力で遊ぶ創作“を軸に作品をつくりました。主演のななみ役に関しても背伸びをせず、今の私ができる表現を素直に試そうと現場に臨みました。その芝居の評価として佐世保・山形と最優秀賞をいただけた事は非常に嬉しく、今まで自分が歩いてきた役者の道に、やっとひとつの杭を打てたなという気持ちでいます。また新しい場所に次の杭を打てるよう、これからも励みたいと思います。今回魅力的な女性を描き出してくれた山田佳奈監督には心から感謝しています。」

●作品情報
タイトル:『今夜新宿で、彼女は、』
トレイラーURL: https://youtu.be/ZAJpcHHnvEg
HP URL: https://tonightshinjuku.wixsite.com/tonightshinjuku
制作:2017年 29分42秒
スタッフ:企画・プロデューサー 広山 詞葉
脚本・監督 山田 佳奈
撮影監督・編集 芳賀 隆之
キャスト:広山 詞葉、日下 守喜、上田 祐揮(Straw&Berry) 、石橋 穂乃香、石田 剛太(ヨーロッパ企画) 、石井 康太(やるせなす) ほか

●今後の上映スケジュール
・11/19㈰うえだ城下町映画祭
・12/2㈯オホーツク網走フィルムフェスティバル

●作品あらすじ
今夜新宿で、彼女は、元彼氏に電話をかける。応答がない彼にしびれを切らせた彼女は、家に押し掛ける。しかし当然家の鍵は変えられてしまっていて、ならばどうにか入るまでだ、と彼女は塀を乗り越えて窓から侵入する。ところが元カレの家には既に新しい女がいて、友人のゲイは「自業自得よ」とあきれ顔。ほんと生きていくのってしんどい。でも歩いて行かなくちゃ、そんな無敵女子におくる人間賛歌。

※写真は下記からもDL頂けます。
http://firestorage.jp/download/8009a23e4d168cf3814c8e4b679ef3ddb2f3c768 
——————————–
本リリースに関するお問い合わせ先
メールアドレス: tonightshinjuku@gmail.com
電話番号: 09070170329(浅見)
——————————–

《添付資料》

【企画・プロデューサー】広山 詞葉(ひろやま ことは)
http://www.from1-pro.jp/talent/detail.php?id=131
1985年広島県生まれの女優。竹中直人を筆頭とする事務所、レディバード 所属。日本大学芸術学部演劇学科卒業。2005年「濡れた赫い糸」にて映画デビュー。近年はフジテレビ「最後から二番目の恋」飯田ゆかり役、NHK 大河ドラマ「軍師官兵衛」 お静役、倉本聰作品「やすらぎの郷」風間ぬい子役など数多くのテレビドラマにレギュラー出演。また「天空の蜂」「SPEC」など映画出演も多数。一方で、演劇ユニット NORITAKEの座長としての活動にも力を入れている。山田 佳奈監督をはじめ、自身の組みたい役者・スタッフを集結させ、“ 本気で遊ぶ” という志のもと今回映画制作に初挑戦した。

【監督・脚本】山田 佳奈(やまだ かな)
https://twitter.com/yamada_k26?s=09
レコード会社勤務を経て、2010 年に劇団・□字ック設立。現代社会におけるコミュニケ―ション欠如や年齢不相応な自我に葛藤する人間に対して関心を持ち、劇場空間において観客自身が自己への気付きや新たな視野を体得可能な作品を創作することをめざし活動を行う。舞台□字ック「荒川、神キラーチューン」では、演劇ポータルサイト「CoRich 舞台芸術まつり! 2014」でグランプリ、2014年度サンモールスタジオ最優秀団体賞受賞。初監督・脚本映画「夜、逃げる」でMOOSIC LAB 2016 スペシャル・メンション賞受賞、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017・さぬき映画2017・あいち国際女性映画祭 2017・田辺・弁慶映画祭2017 正式招待。近年は映像やライブ構成など演劇に限定せず活動の幅を拡げており、2018年1月には下北沢・本多劇場にて満を持しての□字ック本公演「滅びの国」を上演することが決定している。

【第1回 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 受賞作品】
・ゴールデンバーガー賞「なぎさ」
・シルバーバーガー賞「Miss Fortune」
・ブロンズバーガー賞「今夜新宿で、彼女は、」
・最優秀主演女優賞:広山詞葉「今夜新宿で、彼女は、」
・最優秀助演女優賞:夏緒「Miss Fortune」
・最優秀主演男優賞:芹沢興人「父ありき、母のにおい」
・最優秀助演男優賞:田丸大輔「くゆるひ」
・最優秀監督賞:古川原壮志「なぎさ」
・最優秀脚本賞:水落豊「Miss Fortune」

【第13回山形国際ムービーフェスティバル 受賞作品】
・グランプリ=「ピカレスカ〜Novela Picaresca〜」 倉田健次監督
・準グランプリ=「追憶ダンス」土屋哲彦監督
・船越英一郎賞(最優秀俳優賞)=広山詞葉(今夜新宿で、彼女は、)
・選考委員特別賞=PHANTOM COLLECTOR たかひろや監督
・観客賞=追憶ダンス
・脚本賞=「宴の宵がさめるまで」今村瑛一監督
・MX4D賞=PHANTOM COLLECTOR
・村川透監督賞=「水戸黄門Z」大川祥吾監督
・大西金属賞=「今夜新宿で、彼女は、」山田佳奈監督

ジャンル
その他
業界
映画・音楽
掲載日
2017年 11月 13日
タグ
映画 最優秀主演女優賞 広山詞葉 船越英一郎賞 最優秀俳優賞

月別掲載数

お知らせ