無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

チンアナゴとバルーンアートの日

ティーズ・アミューズファクトリーのプレスリリース2017年 11月 11日

一般社団法人バルーン・パフォーマンスアート協会の理事を務める西村剛は、この度、有志とともにチンアナゴの日を盛り上げようの会を発足し、一斉にInstagram及びTwitter上にチンアナゴの作品を投稿し、優秀者にはチンアナゴグッズと風船がもらえる、「#チンアナゴとバルーンアートの日」というWEB上のイベントを、11月11日の0時~24時にかけて開催することをお知らせいたします。
最近、美ら海水族館やすみだ水族館、京都水族館やニフレルなどをはじめとする水族館にかわいらしく展示され、女性や子どもたちの間でひそかなブームとなっているチンアナゴ。11月11日はそんなチンアナゴの記念日だったことをご存知でしょうか。ポッキー&プリッツの日の陰に潜んでいるチンアナゴの日。当イベントはそんなチンアナゴの日を似たような形状をした“細長い風船”を使ったアートで表現し、応援したいという気持ちからスタートいたしました。コンテスト受賞歴のあるアーティストも複数人参加しています。
ルールはいたってシンプルで、細長い風船でチンアナゴを作り、InstagramやTwitterに作品写真とチンアナゴへの応援メッセージを書いて「#チンアナゴとバルーンアートの日」と書いて投稿するだけ。数ある作品の中から、チンアナゴへの愛情が最も感じられた作品が優秀作品として選ばれます。バルーンアートというと難しそうなイメージを持つかもしれませんが、見ての通りの単純な形状(ふくらましてちょっと曲げるだけ)から、子どもから大人まで、初心者の方や誰でも気軽に簡単に参加することが可能なイベントです。このイベントを通じて、チンアナゴの日をもっともっとたくさんの人に知ってもらいつつ、バルーンアートをもっと身近に感じてもらえたらとの想いがあります。
今回景品となるチンアナゴグッズは、東日本大震災の復興支援プロジェクトとして続いている「編んだもんだら」による、アクリル毛糸で編まれたチンアナゴ型アンブレラグリッパー(傘の持ち手につけるカバー)です。こちらは被災地の女性の方がひとつひとつ手で編まれた製品で、ケネディ大使館も視察に訪れたことのあるプロジェクトです(写真参照)。尚、製品はチンアナゴの仲間である、仲間のニシキアナゴのバージョンもあります。このイベントを通じて、被災地の復興支援にもつながればと考えています。

開催期間:2019年11月11日 0時~24時
開催場所:Twitter及びInstagram(WEB上)
参加費用:無料
参加条件:誰でも参加OK
ルール:ハッシュタグ「#バルーンアートとチンアナゴの日」を記載の上で、作品写真とチンアナゴへの応援メッセージを記載して、Twitter及びInstagramに投稿。複数投稿も可。
注意事項:景品を贈る際に、個人情報(送り先住所)を教えていただく必要があります。

<本件に関するお問い合わせ先>
ティーズ・アミューズファクトリー
代表 西村 剛
所在地:兵庫県尼崎市崇徳院3-44-205
電話番号:080-5338-5380
メール:take.n0219@gmail.com
HP: https://t-amusefactory.wixsite.com/balloon

<西村 剛Profile>
アーティスト名:風船使いたけむぅー
風船アーティスト歴:9年
所属:BPA理事・公認アーティスト、QBN会員
受賞歴:QBAC2017 ファッションドレス部門 準優勝
    JBAN2017 ラージ部門(団体) 準優勝

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2017年 11月 11日
タグ
チンアナゴの日 バルーンアート

月別掲載数

お知らせ