無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

Q&Aサイト「OKWAVE」にて『非公開Q&A』サービスの提供を開始

株式会社オウケイウェイヴのプレスリリース2017年 11月 09日

https://project.okwave.jp/private_qa

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、当社が運営する日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)にて2017年11月9日より『非公開Q&A』サービスの提供を開始しました。

「OKWAVE」では日々、様々な悩み事に対し、経験や知識、何より助けたいという思いを持つ方々の心のこもった回答が数多く寄せられており、そのQ&A数は3,500万件以上におよびます。これらのQ&Aは「OKWAVE」サイト上で誰でも閲覧可能で、数年前に投稿されたQ&Aが新たな感動や共感を生む事例が数多く発生しています。その一方で、他人に知られずに、回答者に個別に相談したいというニーズも高まっていました。
今回提供を開始した『非公開Q&A』サービスは、「OKWAVE」にて活躍する回答者に質問者が指名をして個別に非公開の相談ができる仕組みです。Q&Aサイトをはじめとするオープンなネットコミュニティーで活躍している回答者に、質問者が指名をして非公開で個別相談ができる、かつ課金の仕組みを備えた初めてのサービスとなります(※当社調べ)。
『非公開Q&A』では、質問一件1,000円(税別)にて、回答者から1,000文字までの回答を受け取ることができます。また、受け取る回答文字数の範囲内で補足質問が可能です。
『非公開Q&A』を利用することで、「誰にも知られずにいつでもどこからでも相談し回答を受け取る」ことができるようになります。同時に「専門的な相談はしたいが、その後に営業は受けたくない」「連絡先や個人情報を明かしたくない」「ほかの専門家の意見も聞いておきたい」といった質問者の匿名性を担保しながら専門性の高い回答を手頃な相談価格で受け取ることができます。また、質問者から回答者への費用支払いは当社が仲介するため、回答が得られなかった場合の返金などのトラブルを気にすることなく利用できます。

第一弾として、「OKWAVE Professional」(https://okwave.jp/professional)で活躍中の社会保険労務士や行政書士、また「OKWAVE AWARD」(http://project.okwave.jp/okwaveaward/)で受賞歴のあるカウンセラーなど各界の専門家回答者の中から26名が『非公開Q&A』の受付を開始します。

今後、ほかの専門家回答者、さらには一般の優良回答者にも『非公開Q&A』を順次拡大していく予定です。また、相談価格を当初は一律としていますが、回答数や質問者の評価に応じて、回答者が相談価格を変更できるような仕組みも導入していく考えです。

なお、『非公開Q&A』の提供開始を記念し、11月9日(木)~30日(木)の期間限定で相談料金を半額の500円(税別)とするキャンペーンを実施します。

当社は今後も、利用者がより安心・安全に問題解決できる互い助け合いの場であるQ&Aサイト「OKWAVE」を提供していきます。

■株式会社オウケイウェイヴについて https://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE(https://okwave.jp)」を2000年1月より運営しています。また、利用者の質問に専門家や企業が回答する「OKWAVE Professional(https://okwave.jp/professional)」なども提供しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基に、国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support(https://www.okwave.co.jp/business/service/biz-faq-helpdesk/)」、顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support(https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-cs/)」、さらにはAIエージェントサービス「OKBIZ. AI Knowledge(https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-ai-knowledge/)」などを大手企業、自治体400サイト以上に導入しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。楽天株式会社、米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結しています。 今後は3,500万件以上のQ&Aビッグデータと、AI、ブロックチェーン、チャットの各技術を組み合わせて、さらに問題解決に寄与するサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[コンシューマ]
掲載日
2017年 11月 09日
タグ
日本初 相談 Q&A 非公開 回答

月別掲載数

お知らせ