無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

「現役大学生のインターンに関する意識調査」

株式会社トモノカイのプレスリリース2017年 11月 06日

「t-news」(http://www.tnews.jp/)を運営する株式会社トモノカイ(東京都渋谷区、 代表取締役:徳岡 臣紀)は、t-news会員を含む現役大学生229名を対象とした「大学生のインターンに関する意識調査」というテーマで、アンケート調査結果を行いました。

【TOPICS】
▽ インターンに興味があっても経験の無い現役大学生は7割
▽ 4年生でインターン経験は約2割
▽ 東・早・慶1年生のインターンへの関心度は100%
▽ インターンに興味がある理由は、「社会経験を積むため」
▽ 東・早・慶の3年生は、周りに触発され関心が高まる
▽ 事前に欲しい情報TOP3は業務内容、雰囲気、勤務時間

<調査結果の概要>
■インターンに興味があっても経験の無い現役大学生は7割
 大学生全体で見ると、インターンに興味があり経験がある大学生は10%で、興味があるが経験はない大学生は74%と大多数を占める結果となりました。

■4年生でインターン経験は約2割
 学年別で見ると、4年生はインターン経験者が約2割で、8割の学生はインターンの経験がないということが分かりました。なお、1年生のインターン経験者は全体で1%という状況で、2年生から徐々に経験者の割合が増加しているのが分かります。

■東・早・慶1年生のインターンへの関心度は100%
 現役の東大・早稲田・慶應の大学生は、1年生からインターンへの興味関心が高く、2年生から経験者が増え始め、3年生になると44%がインターン経験者となっています。3年生の割合増加については「自分の周りでインターンをやっている人が増えた」「社会経験を積みたい」というのが主な理由のようです。※後述記載

■インターンに興味がある理由は、「社会経験を積むため」
 インターンへの興味関心を「インターン先企業への就職」というゴールよりも、「社会経験を積みたい」という割合が多いことがわかりました。他にも、「就活のネタとして」、「給与がもらえるため」といった割合も多い状況です。

■東・早・慶の3年生は、周りに触発され関心が高まる
 現役の東大・早稲田・慶應の大学生は3年生になると44%がインターン経験者となるため(冒頭記載)、未経験の学生は「自分の周りでインターンをやっている人が増えた」ということから、興味を持つという状況になるのかもしれません。

■事前に欲しい情報TOP3は業務内容、雰囲気、勤務時間
 インターンに興味がある学生は、業務内容や会社の雰囲気、勤務時間を事前に知りたいという傾向が見られました。ただし、学年によって得たい情報が異なるため、伝えるメッセージを変えていく必要がありそうです。

<調査概要>
表題:「インターンに関する意識調査」
調査主体:株式会社トモノカイ(t-news編集部)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年10月2日(月)~10月6日(金)
調査対象:「t-news」利用者、メルマガ購読者
対象地域:全国
有効回答:現役大学生1~4年生の男女229名

◆大学生の総合情報サイト「t-news」について
学生自主運営の家庭教師センター(東大家庭教師友の会)から始まった株式会社トモノカイが運営する大学生向け総合情報サイトです。
大学生向け総合情報サイト「t-news」では、13万人の登録会員情報を中心に作成されたアルバイトやサークル、履修登録等の今の大学生活に役立つ情報はもちろんのこと、大学卒業後の将来に役立つ留学情報やスキルアップ、就職活動等の情報も幅広く提供しています。
「大学生のハタラクをもっと身近に」をコンセプトに、アンケートや座談会を通して大学生とともに共創し、大学生活の充実はもとより、大学卒業後の可能性を引き出すような情報提供や経験ができるようなサイトを目指しています。
会員向けには、高時給の家庭教師案件や、試験監督・採点アルバイト等の情報をはじめ、非公開求人や会員にしか送られない限定情報を配信しています。
「t-news」:http://www.tnews.jp/

————————————-
本件に関する問い合わせ先
株式会社トモノカイ
学生メディア部門 t-news編集部:染谷
Tel : 03-5766-2066
Email : tnews_sp@tomonokai.net
————————————–

ジャンル
調査・研究結果
業界
教育・資格・人材
掲載日
2017年 11月 06日
タグ
調査 アンケート 大学生 東京大学 インターン

月別掲載数

お知らせ